2018/06/24更新0like1898viewyuriyuri*

ペンダントライトでダイニングをより豊かな空間に

ダイニングにペンダントライトを取り入れると、ほこりが溜まりやすく掃除が面倒…ということで敬遠されている方もいるかもしれません。しかし、テーブルを温かく照らすダイニング照明があると、料理もより美味しく見え、毎日の食卓がワンランクアップするような気がします。今回は、ダイニングにペンダントライトを取り入れた素敵なお宅の事例を紹介しながら、照明選びのポイントをお伝えします。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ダイニング照明選びで失敗しないポイント

デザイン性の高いフルオープンキッチンにする場合、ダイニング照明の設置位置に気をつけましょう。ダイニング照明がキッチンに近すぎると、調理の際の煙、油跳ね、蒸気が照明にかかることがあります。ダイニングの配置はいろいろシミュレーションをして、ダイニング照明の施工位置を決めましょう。

また、ダイニングテーブルでよく調理をするご家庭には、ダクトレール照明がおすすめです。ダクトレール照明でしたら、簡単に位置が変えられるので、カセットコンロやホットプレートの真上から少し位置をずらすだけでも、汚れが軽減できます。
布シェードの照明を選ぶなら、汚れたり劣化した際にはシェードだけ買い替え可能なタイプが安心です。

人気の照明を主役に据えるダイニング

ダイニングでゆっくり過ごす時間が多いお宅や来客の多いお宅では、デザイン性が高いペンダントライトが人気です。
気に入った照明を主役にして、そこから家具を選んでいくのも楽しいですね。
シャープで男前なインテリアにプラスすると、ウッドの温かみがより際立ち、心落ち着く空間になります。
3色使いの照明が印象的なダイニングキッチン。ポスターやインテリアグリーンとカラーリンクさせ、家具や建具もトーンを合わせているので、照明を中心に全体的にすっきりまとまっています。

レールも素敵な照明

上階の壁の部分から、建具や家具の色ともマッチした柱のような形状のレールを設置し、ペンダントライトを吊るしています。照明本体はシンプルですが、吹き抜けの空間に動きを加えるダイニング照明です。
シェードはもちろんですが、レールがとても印象的!無垢材を多く使用した空間にマッチしています。

インテリアと調和するダイニング照明

ダイニングテーブルを温かな光で照らすのは、どこか懐かしい雰囲気のペンダントライト。ダイニングスペースが、ゆっくり落ち着けるカフェのような空間になりました。
メタリックなペンダントライトが印象的なダイニングキッチン。ダイニング照明だけでなく、キッチンの照明にも型違いのメタリックなペンダントライトを使用しています。部屋や家具自体がとてもシンプルなので、個性的なライトが目を引きます。
ダイニング照明は、インテリアのなかでも比較的簡単に交換しやすいアイテムです。インテリアを少し変えてみたいとき、照明に目を向けてみてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る