2016年04月19日更新

インテリア(DIY)

壁収納やアクセントウォールに~壁に穴を開けないディアウォールアイデア集

「ここに棚があったらな..」「壁を板壁にしたいな...」と思うことはありませんか?でも...リフォームや難しいDIYをするのはちょっと...と二の足を踏んでしまいますよね。そんな方にお勧めなのが"ディアウォール"です。ディアウォールを使えば大がかりな工事をすることなく、簡単に棚や板壁を作る事ができてしまいます。また、壁に穴をあける必要がないので、賃貸の方でも自分好みの部屋にチェンジする事が出来ます。組み合わせ次第で変幻自在な"ディアウォール"を使った素敵なアイデアをご紹介します。


ディアウォールってどんなもの?

こちらがディアウォールです。中がバネになっており、ホームセンターなどで手に入るツーバイフォー材をはめ込み、突っ張り棒の原理で天井と床で固定します。

chamapoco.com

出典:chamapoco.com

そうすると、簡単に柱が出来上がります。これを複数本好みの幅に設置して棚などを自由に作ります。

chamapoco.com

出典:chamapoco.com

キッチン

ディアウォールは幅はもちろん、高さも自由にできます。キッチンカウンターにスパイスラックや黒板を設置して、おしゃれなカフェ風キッチンに。ごちゃつきがちなキッチンへの視線を優しく遮る効果もありますね。

instagram.com

出典:instagram.com

一日に何度も使う食器類は、食器棚にしまわずにそのまま出しておきたい!というのが正直なところ。ツーバイフォー材に棚受けを組み合わせて板を渡し、使用頻度の高い食器類の定位置に。キッチンはいかにすっきりと「見せる収納」をするかが、使いやすさのポイントです。

instagram.com

出典:instagram.com

ガラスと組み合わせる

ダイニングキッチンと畳部屋の間仕切りとして、ディアウォールにガラス戸を打ち込んでいます。ガラス戸なので、光は通しつつも空間はしっかりと分けられています。

instagram.com

出典:instagram.com

こちらは室内窓のような仕上がりに。アンティークな雰囲気でインテリアのアクセントになっています。

instagram.com

出典:instagram.com

アクセントウォールをつくる

ディアウォールにべニア板を打ち付け、その上に細かな木材パーツを貼りつけて完成したモダンなアクセントウォール。賃貸では難しいテレビの壁掛けも可能です。

fukayoi.com

出典:fukayoi.com

ディスプレイコーナーとして

ディアウォールの柱にSPF材を打ち付け壁をつくれば、その上に飾り棚を付けて写真や小物を飾ったり、プレートを付けたりと穴を気にすることなく自由にディスプレイを楽しめます。

instagram.com

出典:instagram.com

一方を飾り棚、一方を板壁風に。ウォルナット風ダークブラウンの木材で、温かみのある北欧モダンな雰囲気に仕上がっています。

instagram.com

出典:instagram.com

ランドリーラック

市販のランドリーラックは、結構なお値段がする上に、あまり好みのものに出会えないなんてことはありませんか?ディアウォールなら、まるで造作家具のようにピッタリサイズのラックが、お手頃かつ簡単に出来上がります。

instagram.com

出典:instagram.com

キャットタワー

床から天井まで上下運動し放題で、猫ちゃん大喜びのキャットタワーもできます。

instagram.com

出典:instagram.com

1本でも

自転車の収納も、壁面を利用すればすっきりおしゃれになります。写真は子供用の小さいバイクですが、もちろん本格的なロードバイクも掛ける事が出来ます。

instagram.com

出典:instagram.com

クリップライトを外灯のようにつければ、ノスタルジックに室内を照らしてくれます。

ameblo.jp

出典:ameblo.jp


この記事を書いた人

hinataさん

インテリア大好き。何より木造住宅の構造が大好きで、新築されている現場を見つけては足しげく通い、外から見学させてもらっています。

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観3
  • UROCO BLUE WALL
  • Kippis1
  • ぬくもりのある畳リビング
  • リビング・ダイニング2

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問