2016/11/22更新2like11715viewNaomi.Spring

リビング学習に最適なデスクスペースのつくり方

子どもの入学などをきっかけにリビング学習を考える方も多いのではないでしょうか。子どもがスムーズに学習に入っていけるかは、環境づくりも大切なポイントです。今回は、話題の「リビング学習」に最適な住まいのアイデアをピックアップしました。子どもの成長を見守る素敵なアイデアが満載ですよ。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

広がりのある学習スペースづくり

デスク、大容量の本棚、そしてベンチが一体となった造作家具で広がりのある学習スペースが実現しています。明るい窓際のデスクで勉強するもよし、本棚から資料などを取り出して調べものをする時にはベンチでゆったりなど思い思いの使い方ができます。

楽しく勉強できる工夫がいっぱい

2人以上が並んで座れるデスクは、勉強を楽しくできる工夫がいっぱいです。例えばデスク前にあるブラックボードはお絵かきだけでなく、勉強を兄弟や友達と教えあう時にも活躍してくれます。子どもが自分からデスクに座りたくなるような楽しいスタディスペースです。

キッチンカウンターを学習机に

リビングで寛ぐ両親の気配を感じながら、安心して子どもが勉強できる環境が素敵です。キッチンカウンターを勉強机として活用するアイデアは斬新です。

程よいプライベート感で集中力が高まる

キッチンと隣接するわずかなスペースを上手に活用したスタディスペース。程よいプライベート感と家族の気配を感じる温かさが子どもの学習にぴったりですね。

成長に合わせて使えるシンプルなデスク

窓際にできた窪みを有効利用して、カウンターデスクを造り付けています。シンプルな棚板なので、成長に合わせて棚をプラスするなどフレキシブルに活用できそうです。

個室感覚のスタディスペース

こちらは大人のワークスペースですが、子どもの学習スペースとしても使えるアイデアが満載です。低めの間仕切り壁で程よくプライベート感を守りながらリビング学習に取り組めます。スタディスペースだけ壁面が異なっているのも個室のような特別感がありますね。

扉で緩やかに空間を仕切る

リビング学習にしたい時には扉を開けて、個室にしたい時には閉めるだけで子ども部屋に変身するフレキシブルな間取りになっています。ひと続きになった空間を緩やかに仕切るのにおすすめです。

出典:adelaparvu.com

リビング学習のポイントは気が散らない空間を作りながらも、家族の気配を感じられる配置であること。できるだけ視界に勉強以外のものが入らない環境を作ることで集中力が高まると言われています。入学シーズンを前にレイアウトに悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る