2015年04月21日更新

リフォーム・リノベーション(専門家紹介) , 注文住宅(専門家紹介)

【専門家紹介】デザイナー:山越 健造「歴史や風土を庭といったカタチで顕在化し、日常を豊かなものにする」

「ガーデニング」という言葉が定着し、小さく狭い空間でも、自分の好きなグリーンや花を飾っているご家庭が数多く見られます。ここでもう一度見直したいのは、新築やリノベーションをする際に、部屋の中だけではなく、外の空間もプロのデザイナーにお任せしてみるということ。大きく広い庭ならもちろんのこと、軽視しがちな狭いスペースが素敵なお気に入りの空間になるかもしれないのです。また、建物と同じく庭(エクステリア)も同様に、住まう方のライフスタイルに合わせてしっかり考えることで、自然を取り入れた潤いのある生活を迎えられるでしょう。


■ デザイナー:山越 健造 山越健造デザインスタジオ
・Dip ISGD(英国)、一級造園施工監理技士
・庭の設計施工からエクステリア、その資材のデザインまで。

生活する方の趣味趣向を理解した上で家づくりを進めていく。大切なことですが、デザインに先走ってしまいがちになることも。庭先に植えてある花も木も、プロだからこそのチョイスによって、それが全体を通してとても素敵な空間に仕上がります。

デザイナー:山越 健造

室内にも庭スペースを。とあるブックカフェの店内にモダンな自然のオブジェ。
中庭のあるご家庭などでは、ただ単に木を1本植えておくだけでなく、このようにデザインされてみるのも良いですね。

Transitory Garden

狭い空間でもきちんと四季を感じられる庭です。ウッドデッキからプランターに至るまで、一つ一つが役割を果たせるよう考えられています。こだわりのお庭、狭いスペースだからと諦めてはいけませんね。

courtyardN (courtyardN4)

自宅の庭で四季を感じる。建物との調和もとりつつ、庭に色を付けていく。一般の花屋さんでは手に入りにくい植物や、ちょっと個性的な植物。初めて見る花との出会い。このように「特別」を手に入れられ、四季を感じられる庭はやはり憧れますね。

gardenM (gardenM5)

以前あったお庭の改修、デザイン事例です。敷石など地元の素材を積極的に取り入れるなど、植栽だけでなくハードな部分にもこだわりを。葉の形から高低差まで全てをじっくり考慮して素敵な空間を作り上げます。日本にいながら、英国の雰囲気を漂わせているようにも思える、心穏やかになれる庭ですね。

gardenN (gardenN10)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 久保ケ丘の家 洗面所
  • クローゼット
  • ウォークインクローゼット
  • 広々としたウォークインクローゼット
  • 男性側クローゼット

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問