2015年08月12日更新

リフォーム・リノベーション(専門家紹介) , 注文住宅(専門家紹介)

「色」の使い方で印象は大きく変わる『スクエアミーター株式会社』のおりなす世界

色を考える。

新しい住まいを思い描く時に考えることはたくさんあります。
内装に関しては、それぞれの個性がはっきりとわかる「自分好み」が光るところ。
家具やインテリアを並べるだけではなく、「色」についても考えてみませんか?

「好きな色を取り入れたいけど、調和が難しい」
「ここはさわやかに、こっちはゆったりと時間が流れるカンジに…」

「色」の使い方ひとつで、人に与える印象は大きく変わってきます。
一見感覚的なモノに思われる「色」ですが、実は奥が深く、「色」に関しての知識をもった提案というのは、
やはり勉強されたプロならではのモノです。

そこに「素材」の選択肢が加わり、また違った視点からの空間作りも楽しめそうです。
塗装ならではの、1から作り上げる思い通りの選択も魅力。
「塗装(ペイント)」という選択肢をひとつ考えてみませんか。


鎌倉市にある塗装業。
基本的な色彩理論を踏まえて、経験に基づく独自の理論による提案から塗装工事まで。
多彩かつ無限な色の世界を提案してくれます。

デザイナー:スクエアミーター株式会社

好きな色を上手く使う

こちらは住宅のリノベーションです。
大胆にも「赤」を上手く空間に溶け込むような質感でペイント。
壁紙とは違うペイントの良さをしっかり考え、メンテナンスのしやすさからこの先も手を加えていけるという楽しみもあるそんな空間です。

住宅

シェアハウス

今やすっかりお馴染みになったシェアハウス。
こんなキッチンのあるシェアハウスは毎日が楽しくなりそうですね。

シェアハウス

マンションリノベーション

とても落ち着いた高級感溢れる空間。
ブルーのラグマットがアクセントとなり、それでいてしっかり部屋に馴染んでいます。

リノベーション

イメージを形に

こちらは店舗。
頭で思い描いたイメージをペイントで表現し、素材の持つ質感、空間に配置される「モノ」との調和。統一感のある個性的な空間です。

店舗

くつろげるラウンジを

自然界の要素を色と質感でインテリアとして取り入れたそうです。
自然といえばさわやかなイメージもあれば、こういった落ち着いた温かみのあるイメージも。
しっかりとコンセプトにあった提案をしてくれます。

展示会


この記事を書いた人

slifeさん

以前、内装工事・造作家具などの仕事に就いておりました。
インテリアへの興味は尽きることなく、また、常に進化し続ける素材に感心する日々です。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • Kippis3
  • キッチン3
  • キッチン床
  • 西山の住まい
  • キッチン

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問