2015年07月25日更新

リノベーション会社・建築家紹介(リノベーション会社紹介)

庭=地上階の定義を覆す 『株式会社グリーンラッシュ』が提案する現代の”庭”

近年、「ガーデニング」は当たり前の言葉となり、自分好みの庭づくりを楽しむ方もたくさんいます。
その一方で庭がまったくなかったり、もしくは猫の額くらいしかない住宅も最近は目立つようになってきました。ガーデニングする場所が無いのであれば、バルコニーや屋上に庭を造ってしまいましょう。普通にある場所ではない空間につくる庭なんて、なんだか特別な感じがしていいですよね!


埼玉県にある、屋上緑化・ガーデニングの会社。
個人宅のベランダ・バルコニーから商業施設の屋上緑化まで。
設計・施工・維持管理のトータルサポートをしてくれます。

デザイナー:株式会社グリーンラッシュ/岩田充弘

バーベキューも楽しめる屋上緑化

一見、普通のライトアップされた庭に見えるこちらのお宅。
実は3階の屋上空間に設けられた庭なんです。プライバシーに配慮し、塀を高めにしてライティングを施せば…天空の庭のできあがりです!

屋上菜園とウッドデッキがあるお家

ウッドデッキで段差を付けて変化のあるデザインに。
青空の下、星空の元、いつでも好きなときにバーベキューを楽しむことも出来ます。

夜はライトアップして

野菜作りを楽しむ屋上

屋上なのに野菜が作れる!屋上を緑で飾ることは比較的簡単にできますが、芝を敷き、木が植わって野菜まで作れちゃうなんて夢のようです。庭が無くても屋上があればくつろぎの場所になると共に、我が家自慢の畑になりますね。

芝生で屋上緑化

住宅の屋根に芝生を敷いて「草屋根」にしました。
「草屋根」のメリットは、真夏の暑さから室内への熱量を減らす効果があります。
また、照り返しがないので、ヒートアイランド現象の軽減にもなる環境にやさしい優れものです。

「草屋根」だけではなく、屋上緑化は緑の面積が大きければ大きいほど、同様の効果が得られそうですね。庭といったら、敷地内の地上階にある外から見える場所にあるか裏庭か。
それが今では建物の上に作ることも可能になり、住まいづくりの選択肢のひとつに考え手見てはいかがでしょうか。


この記事を書いた人

slifeさん

以前、内装工事・造作家具などの仕事に就いておりました。
インテリアへの興味は尽きることなく、また、常に進化し続ける素材に感心する日々です。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた写真

  • 銀黒とシルバーのガルバリウム鋼板で構成された外観
  • 玄関
  • キッチン
  • Kitchen
  • リビング
自分らしい家、誰とつくる?