2015年04月27日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

収納やワークスペース、トイレまで!階段下の活用方法教えます!

家の中にはデッドスペースと思われる場所がいくつかありますが、一番先にあがるのは階段下のスペースではないでしょうか。このスペースを活用することで、リビングダイニングや玄関を広く取ることもできるのです。目からウロコの階段下活用術をご紹介します。

1 お気に入り追加 14622view

階段下利用として一番多いのは収納ではないでしょうか。高さに合わせて扉も付けられており、すっきりと収納することができるようになっています。

同じく収納に利用している事例です。オープンシェルフタイプにするとインテリア性が高い収納になります。奥行をうまく利用してエアコンも設置されています。エアコンが見えてしまうのがあまり好きではないという方にオススメです。

階段下まで土間を延長しています。下駄箱にも入りきらない高さのあるものや、外に置きっぱなしにしたくないものを置くのにはちょうどいいスペースになっています。

階段下にトイレを配置する例をよく見かけます。ここでは階段の踏み板の形状を活かした設計になっています。デザインとして空間のアクセントになっています。

こちらは洗面に利用した例です。傾斜があり低くなっている所に棚を設置し、無駄を生み出さないようになっています。

マンションリノベーション・リフォーム事例

KU邸・木のぬくもりを感じる家

790万円

階段下のわずかな隙間にデスクとなるように板を渡して、ワークスペースを確保しました。ほんの小さな空間ですが、おこもり感があり、落ち着くことができそうですね。

こちらは階段下を全面ワークスペースとして活用しています。廊下として通り道であるため、ちょっと物を置いたり、外を眺めながらお茶したりと多目的な使い方ができそうです。


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • リビング
  • ホール2
  • 外観1
  • ダイニングより玄関を見る(撮影:古瀬桂)
  • 箱の中の箱-2(撮影:古瀬桂)

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?