2015年08月08日更新

インテリア(カラーコーディネート)

目指すは大人かっこいい空間!~ダークカラーの演出~

落ち着きのある空間をつくりたいと思うと、ダークカラーでシックに仕上げたいと考えるのではないでしょうか。しかし、ダークカラーを家に多く用いると、地味で暗い印象を残しかねません。そこで、ダークカラーを用いつつも、素敵な大人の空間を手に入れたお家の事例をご紹介いたします。


和室を黒で囲い込む

静寂な雰囲気を持つ和室を黒で囲い込む事で、静寂さがより強調され凛とした空気の流れをつくりだします。

K4-House

傾斜のある天井が開放感のある抜け感を演出

天井がゆるやかな傾斜になっている事でライトの光が左右非対称となり、視線が抜ける開放感のある空間へと印象づけています。非対称なライトの光がゆったりとした時間の流れを作り上げる効果に一役買っています。

光と風、視線がとおり抜ける

素材の質感が作り出す空間

アンティーク感が大人の空間を作り上げています。素材の質感が控えめでありながら、上品な華やかさを演出しています。

店舗・オフィスに使用されている無垢フローリング、積層フローリングの施工事例

クロスの濃淡がシックな品の良さをもたらす

黒いクロスの模様に濃淡があり、クロスにもたらされる光の加減でその表情を変えてくれます。表情の変化こそがシックでありながら品のある空間に仕上げています。

ヴィンテージマンションらしい趣を

ブラウンカラーで落ち着きと安らぎを

ブラウンがベースとなったベッドルームは、落ち着きをもたらせてくれるのはもちろんですが同色でありながら動きのある壁紙が、落ち着きの中にもリズム感を生み出しています。

Puremium UrbanLife

重厚感のある空間に大らかさをプラス

床の色はダークグレー、天井は黒く塗装され、壁は珪藻土で仕上げられています。色の効果で空間に重厚感がありますが、照明の明かりが大らかさをプラスしています。

key-02

ガラス格子戸からの光が効果的

床を黒、壁は珪藻土で白く仕上げる事で、対面する壁の深い青色が目に鮮やかな印象を残してくれます。全体的にシックな色合いでまとめられた空間ですが、ガラスの格子戸からの光が柔らかい明るさを取り込んでくれます。

key-01


この記事を書いた人

pilo-3567さん

素敵なインテリアに囲まれて過ごす家は、リラックス効果が倍増する気がします。

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観
  • ダイニング・キッチン2
  • 吹き抜けのLDK
  • リビングダイニング
  • アール壁はあえて上部まで繋げず空間に広がりを

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問