2016/06/16更新2like14160viewMeru

団地が驚くほどオシャレな住まいに変身する!今注目の『団地リノベ』

どんな物件でもリノベーションすることで理想的な住まいに造り変えることが出来ますが、ここ数年特に注目されているのが『団地リノベ』です。団地は一般的な中古マンションよりも値段が安く、周りにスーパーや学校などが揃っていて立地が良いということもあり、リノベーション物件としての人気が急上昇しています。新たな可能性が広がる団地リノベの事例を覗いてみましょう。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

広々とした玄関

団地と言うと玄関は狭いイメージがありますが、こちらは玄関ホールと書斎を兼用させた広々スペースになっています。ネイビーの壁がポイントになっていて、程よくヴィンテージな雰囲気です。
リビングは床にオーク材を使用して重厚感を出し、バルコニー側にはハンモックを取り付けて子供たちが遊べる場所に。床が一段下がっているので、同じ空間でもメリハリがついて居心地が良く感じられます。

憧れのアイランドキッチン

古い物件は間取りが細かく区切られていることが多いのですが、こちらの事例では壁を取り払うことによって3DKを1LDK+書庫にリノベーションしています。
リビングが広くなったことによって、人気のアイランドキッチンにすることもできました。使い勝手の良いキッチンに憧れる方は多いので、団地でも無理なく取り入れられるのは嬉しいですね。

団地のレトロさを活かしたリノベ

古道具を集めたり、レトロな雰囲気が好きという家主さんが選んだのは、あえて団地のレトロさを残すリノベーション方法。ドアや窓など既存のものを多く残すことでコストカットにもなり、温かみのある団地の良さを活かすことができます。

3部屋を1つに合体

こちらもよく団地で見られる細かく分けられた間取りの住宅でしたが、3部屋分の壁を取り払って大きなLDKへと変身させています。壁の色を分けているので、空間は繋がっていても個室感が出るのが特徴です。
収納だって団地によくある押入れではなく、使い勝手の良いおしゃれなクローゼットになりました。自分の持ち物に合わせて収納スペースの量を調整できるのがリノベーションの良い所です。

カフェのような空間

黒い板壁を貼ったアクセントウォールが印象的な団地の一室は、まるでカフェのような雰囲気です。動線にもこだわっていて、リビングからキッチンや隣室までぐるりと周れる作りになっているそうです。
広々とした玄関ホールにはチェッカーガラスを使ったドアを採用しているので、視線が程よく抜けてさらに広く感じるようになっています。
このように築年数の経過した団地でも、リノベーションによってまったく違う新たな住まいになってしまいます。
これからも進化する団地リノベに注目ですよ!
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る