2015年05月27日更新

リフォーム・リノベーション(その他) , 注文住宅(その他)

大人ムードが漂う”スタイリッシュ”ダイニング7選

今回は「スタイリッシュ」をテーマにしたダイニングのご紹介です。デザインを表現する時に用いられるスタイリッシュとは、「粋」「洗練」「カッコいい」などオシャレダイニングにピッタリな表現なんです。レストランの様なスタイリッシュな空間やモダンをベースとしたスタイリッシュな空間など、あなたらしいダイニングを自宅で演出できたら最高ですよね。
そこで今回は、コーディネートがパーフェクトな”スタイリッシュ”ダイニングをポイントごとにご紹介します。色の使い方や全体のバランスも大切なので是非参考にしてみてくださいね。


ワイドウィンドウ

ワイドウィンドウのメリットは、空間を広く魅せ光を上手く取り入れることです。それによりレストランのような雰囲気を造りだし、落ち着いた空間に仕上げることが出来ます。

Y山荘

ディスプレイ

室内に飾る小物や家具をバランス良く配置したダイニングスペース。ブラック×シルバーのダイニングセットはシンプルなカラーですが、スタイリッシュに仕上げることが出来るのでオススメです。

中台の家1

ホワイトカラー

白を基調とした空間は、照明を調整することによって雰囲気を変えることができ、日中は明るく爽やかな空間を楽しみ、夜はムードたっぷりの空間に仕上げることが出来ます。

「S Residence」斜面地に建つ開放的な邸宅

ヴィンテージ

素材の質感をそのまま生かし、ヴィンテージ感が漂う空間を表現したダイニングスペース。淡い色の空間は、全体のコンビネーションをバランス良くするとスタイリッシュな仕上がりになります。

大きなテーブルのある空間

ダークカラー

シックで洗練された落ち着きのあるダークカラーは大人っぽさを演出してくれます。天井も床も同じトーンでまとめ、段差を付けることで立体感のあるダイニングスペースを表現することが出来ます。

TEPE

モノトーン

白から黒までのカラーを起用したモノトーン空間。カラー以外のアイテムで必須なのが照明です。暗くなりがちなモノトーン空間はスポットライトで明るさを調整し、照らす位置によってムードたっぷりなダイニングスペースを演出することが出来ます。

ST-HOUSE

フレームライン

窓にインパクトがあるダイニングスペース。フレームに斜めラインをデザインするだけでお店のようなハイセンスな空間を演出することが出来ます。

ST-HOUSE


この記事を書いた人

しょうさん

私のスタイルは「トコトン調べる」
皆さんの"知りたかった"を伝えていける
キュレーターを目指し日々勉強しています。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングダイニング1
  • 居間から玄関口方向を見る
  • 玄関アプローチ(撮影:中村絵)
  • 外観(撮影:布施貴彦)
  • ホームパーティーも楽しめるダイニングテラス

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問