2018/03/08更新0like1797viewさくらゆきの

眺望や光を楽しむ!広~い大開口で至福のおうちタイム

もし家の外の眺めが気に入っているなら、建て替えやリノベーションの際には大開口の部屋を検討するのもいいかもしれません。
横長の窓で景色のよさを存分に楽しむもよし、縦長の窓で空から降りそそぐ光を満喫するもよし・・・。開放感あふれる大開口の住まいの事例を紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

「大開口」の満足度は、住まいの外環境が大きく左右する

現代の日本の住宅事情からすると、「大開口を取り入れた住まい」は非常に贅沢なことといえます。それは建物の構造だけではなく、窓の外に広がる周囲の環境や景色、庭の状態や広さが大きく影響してくるからです。

見晴らし最高!横長の大開口、6事例

目の前に大海原が広がる、素晴らしい景色に囲まれた住まいの大開口です。
デッキからも部屋に入れる玄関土間になっていて、和室やリビング、バスルームなどにも大開口が。景色のよさを存分に生かした住宅になっています。毎日こんな夕焼けが見えるなんて贅沢ですよね。
大開口に木製サッシを使った、和モダン住宅。木をふんだんに使った住まいなので、窓辺もあたたかみある雰囲気の木材がマッチしますね。
庭を囲むように大開口を設けた住まい。フルオープンのサッシを使えば、視界を損なうことなく景色を楽しめます。
両サイドに大開口を設けたリビングダイニングは、光と風を感じつつ食事ができる豊かな空間です。夜には、中庭の緑をライトアップした景色も楽しんで。
リビングだけではなく、廊下に開口を設けるアイデアも。部屋のある広いウッドデッキから庭に出ることもできるので、子供やペットがいる家庭では活躍しそうです。
こちらは夜、照明がついた時。おだやかな照明がぬくもりを添えています。

光あふれる家!縦長の大開口、2事例

ラグジュアリーなヨーロッパテイストの住まい。吹き抜け上部には縦長の明かり取りがあり、外壁など遮るもののない、空からの光がリビングや2階廊下に降りそそぎます。
リビングの吹き抜け上部に壁一面の大開口を設置した住まい。日差しが燦々と注いだリビングは明るく開放感があります。吹き抜けを囲むように2階に設けられたフリースペースにもたっぷりと光が入るので、日中は照明をつけなくても明るい空間となっています。
大開口の住まいをつくる際には、窓周りに機能性のあるペアガラス、トリプルガラスや樹脂製サッシを利用すると、断熱性能を損なわずに快適な室温を保てます。
広くのびのびとした大開口にしたい方は、窓周辺の断熱アイテムも念頭に入れて素敵な住まいをつくってください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る