2016/10/28更新1like5393viewchikami

団地・築古マンションのリノベーションでかなえられた、家族に優しい暮らし

近年、団地や築年数の古いマンションのリノベーションが注目されていることはご存知ですか?団地のイメージというと「古い」や「狭い」というマイナスなイメージが多いかと思います。確かに、団地にはかなりの築年数が経っているものが多く、古い建物はどうしてもひと部屋が狭いつくりになっています。築年数の古いマンションも同じことがいえますね。しかし、団地や築古マンションには、エリアや立地条件、環境の良い物件が多く魅力もたくさんあります。そして狭い、古いという悩みは注目のリノベーションで解決されます!

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

奥様に優しいリノベーション

キッチンは奥様にとって、長い時間を過ごす最も重要な場所。
リノベーションをする際には、見た目と使いやすさどちらも譲れない条件です。
ずっと立っていたくなるような、おしゃれな山小屋カフェをイメージしたおしゃれなカウンターキッチンのうえ、可動式の収納棚があって使いやすさにもこだわったキッチンになっています。
築40年の団地のキッチンがオシャレなカフェバーに大変身。
お酒が好きな方や飲みに行くのが趣味という方にはたまらない空間が生まれました。外に飲みに行く回数が減って、結果、家計に優しいリノベーションになりそうですね。
築44年のマンションをリノベーションしてできた、広く美しいキッチン。
カウンターが広々としているので材料を広げて料理ができ、動きやすさ使いやすさも抜群です。

お子様に優しいリノベーション

交通の便が良いことや環境のいい立地にあることが多い団地は、小さいお子様がいらっしゃるご家庭も多いはず。そこで最近人気なのが黒板塗装。お子様が自由にのびのび落書きして遊べる場所があれば、他の場所への落書きがぐんと減ります。
緑の多い住み慣れた団地をリノベーションして、お子様がのびのびと遊べる空間を作っています。
まだ小さいお子様が家のどこにいても見渡せるような、開放感のある作りです。

シニアに優しいリノベーション

交通の便が良い場所にあることが多い団地には、シニアの方も多く暮らしています。
バリアフリーにして快適な住まいを作るなど、シニアの方々にも団地リノベーションが浸透してきています。ふすまや窓の大きさなどクラシカルな雰囲気はそのままに、落ち着いた過ごしやすいリビングになっています。
築30年以上のヴィンテージマンションをリノベーション。
エイジング加工されたフローリングや落ち着いた壁の配色で、重厚感のあるソファやモダンなシャンデリアなどの家具がしっくり馴染むレトロなリビングです。なんだか懐かしい気分に浸れそうな空間ですね。
費用をかけずに、家族みんなに優しい暮らしをしたいとお考えの方に新築マンションにはない魅力がつまった団地や築古マンションのリノベーションはおすすめです。自分らしい素敵な住まい作りの参考にぜひ役立ててください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る