2014年08月26日更新

おしゃれな部屋事例(アウトドア)

外部からの視線が気にならない!中庭&バルコニーのある家

住宅地に建てられた戸建住宅では、外部に対して開放的な中庭では、視線が気になることがあります。
外部からの視線が遮断されるように配慮された中庭やバルコニーの画像をまとめてみました。

1 お気に入り追加 11898view

回廊式の設計で中央に設けられた中庭。4方向全てからの外部の視線から遮断されたプライベート空間です。全面の大開口で、床には白いタイルが貼られており内部にも明るい光が届けられています。

> この住宅のすべての情報を見る

コの字型の住居でもう一方には壁が設けられています。
開口が広くとられ、室内からも中庭の木々の緑が感じられます。

> この住宅のすべての情報を見る

道路に囲まれた立地であることから、周囲が壁で囲まれた中庭のような空間。
リビングは全面開口でデッキ部分とフラットとし、タイル張りのテラスにつながっています。

> この住宅のすべての情報を見る

光庭と名付けられた2階のバルコニーの床はFRPグレーチングとし光を階下へ落としています。
光を取りこみにくい都心の狭小住宅ならではの工夫が施された家です。

> この住宅のすべての情報を見る

贅沢な平屋の二世帯住宅に設けられた中庭。
家族が思い思いにくつろげるプライベート空間となっています。

> この住宅のすべての情報を見る

2階に設けられたインナーバルコニー。視線の先は緑の木々のみです。
ガラスの手摺りが外部と一体かのような開放的な空間となっています。

> この住宅のすべての情報を見る

築80年の日本家屋のリノベーションで生まれた和の中庭。
浴室が撤去され、キッチンとつながる空間となっています。
外部との境の縦格子が印象的です。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。