2016年01月06日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

廊下と収納の良い関係

賃貸物件や建売住宅で気になるのが収納スペースではないでしょうか。もう少し収納があれば・・・などと思ったことあると思います。
リノベーションや新築の際はそんな収納問題を解決すべく、設計・デザインの段階から収納スペースをきちんと考えた間取りを心がけましょう。
収納スペースというと、寝室や個人の部屋に押し入れやクローゼットを設けたり、一部屋丸ごと専用のクローゼットルームを作るのが一般的です。もっと収納が欲しい!という方には廊下に収納スペースを作ってみたらいかがでしょうか?
本棚を設ければ部屋と部屋との移動のたび、今度は何を読もうか…ワクワクしてきます。
ちょっとしたスペースかもしれませんが、廊下の壁面を有効活用することで、収納スペースの確保であったり、オリジナリティあふれる空間になるのではないでしょうか。


壁面しっかり有効活用

こちらは廊下がドアや壁で仕切られておらず、部屋ひとつなぎになっています。
部屋から廊下、また部屋へと伸びる壁面に大容量の収納スペースを設けいて、とても便利そうです。

モダンヴィンテージの家 (クローゼット)

歩きながら眺める本

通り土間の壁面には棚が設けられ、たくさんの本が並んでいます。

『再生M』~通り土間のある町屋のリノベーション~(古民家再生)

両サイドに収納棚

廊下の壁を埋め尽くす本ですが、ヨーロッパの本屋さんをイメージして作られただけあってオシャレな雰囲気になっています。

兵庫県K邸

廊下だからこそ

収納というより、魅せるスペースですね。
ただの通り道である廊下が我が家だけのオリジナルスペースになりました。

N邸・大人も子どもも元気にワクワク遊ぶ家

収納スペースというほどでありませんが、ニッチを設けて通るたびに目を楽しませてくれる心和むスペースです。

F邸・家族の笑顔が生まれる、明るく暖かな2階リビング

お気に入りの本を置き方も工夫して収納。
飾り棚として魅せる収納空間は、どうやって置こうか?何を置こうか?と考える楽しさで一杯です。

木の家

有効活用する棚

狭い廊下でも壁の中に収納スペースを確保した例です。
あまり奥行きの深いスペースではありませんが、本棚としては十分ですね。

K邸

床と棚板を合わせています。さりげないこだわりが、バランスの取れた心地よい空間になります。

S邸・自然素材を用いて、オリジナリティーのある改修を。

廊下の片面だけですが、壁を少しへこませてスペース確保をすれば、廊下自体も広く感じます。

湘南 SLOW LIFE

2階廊下は背の低い収納も

背が低くても収納スペースがあると無いではかなり違ってきます。
こちらの和風のお住まい、見た目にも調和の取れた機能的なスペースになっています。

屯田の家

ただの腰壁にせず、造作家具として収納スペースを設けています。

『der nostalgisch Bahnhof 』懐かしい駅舎のような住まい


この記事を書いた人

slifeさん

以前、内装工事・造作家具などの仕事に就いておりました。
インテリアへの興味は尽きることなく、また、常に進化し続ける素材に感心する日々です。

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観1
  • キッチン
  • トイレ
  • 木目美しい玄関ドア
  • 廊下・建具

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問