2019/01/10更新1like2634viewrico.y

ただの通路にとどめない!廊下をもっと有効活用する方法

部屋と部屋の間を繋ぐ廊下は、住まいの顔にはならずとも、生活動線を築く重要な存在です。一方で、廊下をつくる分、部屋の面積が狭くなってしまうというデメリットがあるのも事実。そこで今回は、付加価値を付けることでデメリットを感じさせない廊下を有効活用する方法をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

好みを楽しむギャラリースペースに

通り抜けることが基本の廊下には、生活に必要なものを置かなくてもよい分、余白が大きく残されているため、お気に入りの雑貨やコレクションを飾るディスプレイスペースを設けるのにもうってつけ。

壁にアートや写真を並べれば、通路にギャラリースペースとしての価値が加わります。
家族だけでなくゲストが通る機会が多く、人目につきやすい玄関から伸びる廊下やトイレ周辺の廊下の活用法として、特におすすめのアイデアです。
照明入りのニッチを廊下につくって、ディスプレイを楽しむのもおしゃれ。
間取りによっては、採光がとりづらく、薄暗くなってしまうこともある廊下でも、照明入りのニッチがあれば、パッと明るく華やかになります。

収納スペースとしての機能を加える

生活動線を繋ぐ廊下に、収納スペースをつくるのもよいでしょう。

こちらは、2階の吹き抜け廊下に大きな本棚を設けています。
オープン収納でも、本なら知的な雰囲気をつくり出してくれるので、廊下のインテリアとしても機能してくれます。お気に入りの装丁や季節感のある数冊を意識的に目につきやすい位置において、本のある暮らしを楽しんでみるのも◎。
市松模様のように、規則的にレイアウトされたたくさんの飾り棚がある廊下。

飾り棚になにも置いていなくても、独創的な雰囲気をつくり出しています。どのように飾り棚を埋めるかで、活用の幅は無限に広がります。
廊下に収納機能を付加するのではなく、あらかじめ収納スペースを視野にいれて広めに廊下をつくっています。

玄関ホールにあたる空間につくられた廊下+収納は、明るく広々としていて使い勝手もよさそう。
間仕切り壁の上部に余白があることで、廊下と収納の間のゾーニングを適えながらも、収納部分の通気性がしっかりと確保される計算されたつくりになっています。

暮らしに必要なスペースへ

ディスプレイや収納以外にも、まだまだ廊下をより暮らしに密着したスペースとして活用するアイデアはあります。

玄関からキッチンへと続く廊下の壁一面を「黒板」にした実例。

鍵やカレンダー、プリントなど家族みんなで共有したいものを、マグネットで気軽に集約させることができます。また、家族にあてたメッセージを書き残したり、お子さんのお絵かきスペースになったりと、コミュニケーションの場として汎用性の高い廊下活用です。
玄関廊下を広くとり、オープンな洗面スペースをつくっています。
洗面スペースの鏡が、より広々とした印象をつくり出しているのも特徴。

帰宅してそのまま手洗いうがいができるのはもちろん、ゆったりサイズの洗面スペースなので、ペットのお手入れなども楽々できそう。
吹き抜け廊下の一部を使った、スタディースペース。
スタディースペースとしては斬新な位置のようでもありますが、正面には採光抜群の窓、階下の声が届きやすいなど好条件がそろっています。

スペースの関係上、書斎やワークスペースを個室として確保できなかった場合にも参考になるアイデアですね。
廊下には、さまざまな可能性が詰まっています。ぜひ、住まいの廊下をただの通路にとどめず、より有効に活用する参考にしてみてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る