2018/11/08更新0like1241viewmtskazue

センスあふれる廊下収納・廊下活用事例集

シンプルライフに憧れますが、なかなか実現にするのはむずかしいもの。限られた居住空間の中で効率よくスッキリ暮らすために、廊下を収納スペースとして活用してみませんか。今回は、隠す・見せる廊下収納、そして廊下の活用事例をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

隠す収納~長い廊下を天井いっぱいに使って

9メートルある長い廊下の壁面(左)を大容量の収納庫に。
家族みんなのシーズンものの衣類から布団まで、収納を集約することで各居室をすっきりさせることができます。

壁面収納の扉は、取っ手をなくしフラットに。屋根を支える垂木をそのまま活かした天井が、空間のアクセントになっています。
こちらの壁面収納は、床、天井、壁面を白で統一。居室側の壁上部をガラスにすることで、狭くて暗くなりがちな廊下を圧迫感のない明るい空間にしています。
大型廊下収納の扉に、ルーバーを取り入れています。
通気性がよく、収納されたもののカビ対策によさそうですね。
「家をテイラーのようにしたい」と、廊下をドレッサールームに。

廊下の両面をすべてクローゼットにして、床にはレッドカーペットを敷き詰めました。
廊下に赤!?と驚きますが、実は気分が上がるおすすめの色なんだとか。

隠すと見せるの中間

こちらは扉にワイヤーメッシュを採用し、程よく見せる廊下収納に。
グレーの扉や壁がワイヤーメッシュとマッチして、スタイリッシュに仕上がっています。
隠す・見せるの両面をあわせ持つ廊下収納。

左側は大容量のクローゼットで隠す収納に、右側はセレクトショップのように飾りながら見せる収納にしています。見せるものを限定していることで、より特別感が引き立ちますね。

見せる収納~廊下をギャラリーに

CDや本のコレクションを見せる収納に。

廊下はみんなが通る場所、ここから話題が広がりそうです。毎回通るのが楽しみになる、見せる収納のお手本ですね。
マンションリノベーションでも、「書庫のような」廊下収納をつくることができます。

居室に大型の書棚を入れると、その分使える床面積が小さくなってしまいます。本棚を廊下に出してしまえば、居室をスッキリ使えますね。

全面に本を収納するのではなく、間を飾り棚にすることで抜け感が出て、閉塞感がなくなります。
廊下を広げる余裕がなくても、マガジンラックを壁に取りつけて、本や雑誌を収納する方法も。
表紙デザインが壁紙のようになり、気分によって本を入れ替えるだけで、部屋のイメージを変えることも。

訪れた方も、このギャラリーに置いてある本や雑誌の表紙から、オーナーの嗜好が読み取れるもの。交流の助けになるかもしれません。

収納だけでは終わらない⁉見せる収納からくつろぐ場所へ

壁一面のオープン収納に、さらにゆったりくつろげるソファを置いて、廊下を通過するだけでなく、くつろげる場所に変化させました。

本を読んだり調べ物をしたり、ちょっとひとやすみしてみたり……居心地がよすぎて眠ってしまいそうですね。
こちらも廊下部分を広げて多目的スペースにした事例。ハンモックを用いて廊下をくつろぎの空間にしました。

部屋から部屋へ移動するためだけでなく、その合間にちょっと道草。道草が長くなってしまいそうな、心地のよい廊下です。

収納だけでは終わらない⁉廊下を遊ぶ空間に

廊下にうんていを取りつけ、体を動かす場所に。通るたびにうんていをしたら、運動不足も解消できそうですよね。
廊下を単なる通路としてでなく、収納に、ギャラリーに、くつろぎの場にと、工夫次第で幅が広がります。家族の生活動線の「廊下」を中心に、暮らしを考えてみませんか?
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

その他の部屋/場所種別の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る