2014年07月15日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

コンクリートが引出す本来の魅力!マンションリノベーション特集

今でも根強い人気のコンクリート打ち放し仕上げ。仕上げ要らずで良質な壁となることも人気の理由です。しかし、最近ではリノベーションなどで、もともと内装材で仕上げられていた壁を撤去し、コンクリート現しにして最終仕上げとすることが流行っています。
壁撤去後、コンクリートにパテ処理や上塗りを施し、あるいは、むしろ何もせずそのままの状態で壁として使います。
この場合、もともと「現し」として打設していないので、コンクリート表面には所謂打ち放しコンクリートとしての美しさはありませんが、工事の粗や年月を重ねた風合いが実は良質な木材や洗練された家具と調和するものなのです。


壁材をはがした後パテ処理と上塗りで印象的な壁が現れます。

世田谷フラット

壁材をはがした状態ものをそのまま利用。打設時のクオリティが良かったのでしょうか。とても美しい壁となりました。仕上げの壁が無いので配管は隠せず現しとなりますが、金属のリニアなラインがアクセントになります。

ヴィンテージもモダンもなじむ、ニュートラルな空間

コンクリートブロックとの相性も良好の現しのコンクリート。ニューヨークのガレージや雰囲気のあるカフェの様な印象です。
屋根だけを現しとし壁は塗装を施します。そのコントラストが美しく、現しの粗い雰囲気がどこかスタイリッシュな空間へと変化を楽しめる空間です。

リノベーション会社:エイトデザイン株式会社「イメージはブルックリンのアパート。 大好きな中古家具が似合う空間に」 (リノベりす掲載)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン2
  • CAVE KITCHEN
  • リビング
  • 外の空間を感じることができるリビング
  • キッチン

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問