2016年06月10日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

誰もが居心地のいい共有スペースの作り方

リビング、ダイニング、ワークスペースと家族で共有するスペースは意外に多いもの。そのスペースを誰もが居心地よく過ごせる場所にするには、どんな工夫をすればいいのでしょうか。こちらでは家族の気配を感じつつも、それぞれの時間を快適に過ごすことができる、そんな共有スペースの事例をご紹介します。


共有する部分と個の部分を隣り合わせる

長いカウンターでつながった共有のワークスペース。それぞれの個室につながっており、家族との距離をとりつつも、お互いの気配を感じることができるスペースになっています。

BENTO(ベント)

ゆるやかに区切られた共有スペースで過ごす個の時間

LDKの空間内に一段下げてフリースペースを設けました。視線や声は届きますが、段差をつけたことで、ゆるやかにスペースが区切られています。こどもが遊ぶ場所、親が寛ぐ場所といった、それぞれのスペースでの役割が明確になります。同じ空間にいながらも個々で快適に過ごせるスペースになっています。

クウハウス

個室のような外部の共有スペース!

外の日差しと風を感じる場所に作られた共有スペースは、日中だけでなく夜も心地よい時間を過ごせそうです。室内との間の障子を閉めることで、近隣との目隠しに設けたウッドフェンスにより外部は個室のような空間にもなり、開口して内部とつなげて使うこともできます。人数や雰囲気に合わせて多様な使い方ができる作りになっています。

NDさんの住家

リラックスできる癒しの空間はこちら!

土間玄関からすぐに和室リビングになっている海外の間取りのようなお宅です。まるでお食事処に来たかのような広々とした掘りごたつのある畳スペースは、帰宅してすぐに家族が寛ぐ輪に入れるようになっています。

case092

ウッドデッキで楽しむ家族時間

赤ちゃんや小さい子供がいると、バルコニーでの時間を楽しみたいけど汚れたり怪我をしたりしないかと心配になりますよね。そんな悩みはウッドデッキで解決!ウッドデッキは裸足で過ごしても気持ちいいですし、ハイハイの赤ちゃんでも快適に過ごすことができます。バルコニーをウッドデッキにして家族みんなでバルコニーライフを楽しみましょう!

リノベーション / sante

移り変わる時間の中で好きな場所を選ぶ楽しさ

こちらは外と中、畳と板間、つながる空間の中でどこでも好きに過ごすことが出来るようになっています。時間の移り変わりによって過ごす場所を変えることもできますし、その中で個々のお気に入りの場所ができることでしょう。好きな場所を選択する、共有スペースの中でも選べる楽しみをもてることは嬉しいですね。

Here, There, Over there,

アイテムで快適空間の仕上げをする

こちらは小上がりスペースを大きなソファベッドのようにラグやクッションでアレンジしています。腰掛けるもよし、足を伸ばすもよし、時にはお昼寝もできますね。思い思いのくつろぎスタイルで快適に過ごせるスペースです。

リノベーション / skra

家族で過ごすことができる時間は意外に短いもの。それぞれの時間も大切にしつつ、共有スペースでみんなが居心地よく過ごすことが出来れば、家族時間も充実したものになりますね。

この記事を書いた人

20061123snsmさん

すっきりと、丁寧に。そんな暮らしをめざして、おしゃれで居心地のいい空間を探求中です。

最近お気に入りされた事例写真

  • CAVE KITCHEN
  • 玄関
  • リビング
  • 落ち着きのあるトイレと洗面室
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問