2015年03月18日更新

インテリア(家具)

体を沈めたくなる大きめソファを取り入れよう!-参考事例集-

毎日仕事や勉強、家事で頑張る家族を包み込んでくれる大きなソファがあれば、自然とそこに家族が集まり、コミュニケーションが生まれます。ゲストを招いたときも、座り心地の良い大きなソファがあれば、気持ちよく時間を過ごしてもらえます。「また遊びに行きたい!」って思ってもらえると招く側もとても嬉しくなりますよね。そんな、つい人が集まり、体を沈めたくなるような大きなソファをご紹介いたします。


見た目からして、さわり心地の良さそうな丸みのある大きめソファ。飛び込んでも優しく体全体を包み込んでくれそうです。食事の後は、このソファに移動してテレビも付けず、ただまったりと会話を楽しみたくなりそうですね。

回遊性のある暮らし

温かみと気品のあるベージュが特徴の大きめソファ。まるでベッドのような広い幅があるので、つい寝そべってしまいそうです。クッション、テーブル、ラグを同系色で合わせると、落ち着ける癒やし空間が出来上がります。

神戸M邸

背が低く、座る位置が床に近い大きめソファ。普通に腰を掛けても脚がプラプラしないので落ち着けます。横に長いので、思い切り体を伸ばして寝そべることだってできます。あまりの気持ちよさに、うっかり寝返りを打っても高さがない分安全です。お子さんを寝かせても安心です。

Zig Zag

コの字型の大きめソファは、体を乗り出さなくても向こう側の人の顔が見えるので、一直線のソファに比べて、会話がしやすい点でお勧めです。こちらのソファは、2個のソファが繋がって出来ているので、シチュエーションに合わせて配置をかえることができます。

フキの家

レザーを使った重厚感のある格好いい大きめソファ。丈夫なので長く使うことができます。こんなソファがあったら、レザーが似合う素敵な年齢の重ね方ができそうです。親から子、子から孫へと受け継いでもらえるとうれしいですよね。

東船橋の家

背もたれの部分が低く、座る部分が幅広のユニークな大きめソファ。横になるためのソファと言っても過言ではないと思います。ヴィンテージ調の色合いも個性的で存在感を放っています。

自然素材の家 瀬田モデル

ソファ全体が後ろに少し傾いている大きめソファ。外の景色を観る時や、大きなスクリーンでの映画鑑賞・スポーツ観戦に最適です。座席の凹凸が体にフィットするので、座った姿勢のままでも眠ってしまいそうです。

軽井沢の家12


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観
  • トイレ1
  • リビングダイニング
  • ストリップ階段
  • 白で統一されたホテルライクなトイレ

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問