2015年05月09日更新

おしゃれな部屋事例(バス/トイレ)

こんなお風呂で1日の疲れを癒したい!-夢のバスルームを実現させる-

1日の終わりに家事や仕事でクタクタになった体を素敵なお風呂に入って癒したいとおもいませんか。日本人にとって古くから親しまれているお風呂は湯治の目的から始まったと言われています。この点から考えても、お風呂は1日の疲れを癒す場所。ではどのようなお風呂で癒されてみたいと思いますか。ここでは1日の疲れがふっ飛んじゃいそうな素敵なお風呂を厳選してご紹介したいと思います。


まずは、こちらのお風呂です。浴槽の側面や床に備えられた装置から気泡が噴き出る仕組み、つまりジャグジーですね。気泡のアッサージ効果によって、リラックス効果が期待できます。しかも、この眺めは絶景です。これは癒されること間違いなしですね。因みにこちらはホテルのようですが、2LDKのマンションのバスルームです。

リゾート気分で過ごせる空間(リノベーション)

こちらのバスルームは、十和田石を貼り鋳物ホーローが設置されています。バスルームの上は2階が無いので、トップライト(天窓)で遮光も取り入れています。奥にはアウトドアの浴槽もウッドデッキに造られています。室内で柔らかな光を浴びながら入浴するもよし、外で自然の音を聞きながら入浴するもよし、最高のお風呂ですね。

木々の中に浮かぶ大きなバルコニー

このバスルームの開放感抜群です。埋め込み型の浴槽だと、浴槽に入る際も足を高く上げることなくスムーズに入ることができるので、疲れた足にはありがたいですね。また、座った高さからだと目線の高さもいつもと違い、空間が一層広く感じることでしょう。

緑山の家

この大パノラマな眺めを独り占めしての入浴は、疲れなんてすぐに忘れてしまいそうなくらい壮大です。月夜にライトダウンして入浴するのも最高でしょう。お酒を飲みながらサンセットをみるなんて、とっても贅沢です。

南房総の家

こちらのお風呂の床は麦飯石(ばくはんせき)、壁・床・天井は青森ヒバで造られています。ヒバの香りがバスルームいっぱいに広がり癒されること間違いなしです。また、そのままウッドデッキにでて、涼むこともできるようになっています。

里山の民家-古材再生

バスルームに窓が無くても「癒し」を諦めないでください。こちらは、木々の描かれた壁が新鮮で斬新なバスルームです。白い壁の中のグリーンは清々しく清潔感もあり、気分がリフレッシュされますよね。

凹凸の集い

こちらのバスルームはバスルーム専用の坪庭があり、湯船に浸かった状態で庭を眺めることができます。バスルームの壁は桧で造られているので、香りでもリラックスすることができます。

大原の家


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 2F 子世帯_キッチン
  • 洗面所
  • 夜の外観
  • リビング
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問