2018/03/27更新0like4325viewNaomi.Spring

【色別】インテリアと色の心理効果

「色は部屋の印象を決める」と断言できるほど、インテリアと色の関係性は深いもの。色の持つ特性を生かすことで、より心地よい空間づくりが叶います。今回は、インテリアと色の心理効果についてご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

【赤】アクセントカラーに最適

赤は「気持ちを前向きにさせる色」と言われています。強さやエネルギーを感じる色のため、楽しい気分で料理をしたいキッチンや小物で取り入れましょう。

アクセントカラーとして最適な色のため、小さな面積でポイント使いするのがおすすめです。

【ピンク】女性らしさを演出する色

ピンクは「女性らしさを演出する」色。特に柔らかなイメージのピンクは、安心感を与えてくれる色だと言われています。女の子や赤ちゃんの部屋に向いています。

ただ、好みが分かれやすい色でもあるため、家族で使うリビングなどには使わない方が無難でしょう。

【黄色】ハッピーな気分にさせてくれる色

「気持ちを高揚させて、ハッピーな気分に」してくれる黄色。頭をクリアにする一方で、使い過ぎるとイライラしてしまうことも。

ソフトな黄色を選ぶか、こちらのお宅のように空間の一部にアクセントとして取り入れるのがおすすめです。

【青】集中力を高める色

日本人が好きな色としても上位に挙げられる青。インテリアにも取り入れる方が増えているようです。青は「リラクゼーションを高めたい」場所に使うのがおすすめ。勉強部屋や仕事部屋、寝室などに向いています。

逆に避けた方がよい場所は、日当たりが悪い場所や寒い場所。寒色系の青の効果で寂しい印象の空間になってしまいます。
SPACE LAB「大人の空間 情緒豊かに暮らす家」

【緑】リラックス感のある空間づくりに

穏やかさや自然をイメージさせる緑は、「落ち着きと安心感」をもたらします。ストレスが多い方は、緑をインテリアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

【紫】ラグジュアリーな雰囲気を演出する色

「高貴な雰囲気を演出する」紫。寝室や書斎など、静かに過ごしたい場所に取り入れるとよいとされています。鎮静効果だけでなく、クリエイティブな能力を高めるため、ワークスペースなどにポイント使いしてみてはいかがでしょうか。

【白】清潔感を感じさせる色

日本人の好きな色として青と並び人気の高い白。白のインテリアが好きという方も多いのではないでしょうか。「清潔感があり、明るさや広がり」を感じさせますが、白一色で統一すると息苦しく感じることもあるのだとか。

白は他の色の個性を引き出してくれるため、好みの色と組み合わせて心地よい空間づくりをしてみてください。
インテリアを心地よく、楽しくしてくれる色の効果を上手に使って、理想の住まいをつくりたいですね。大面積で取り入れるのに躊躇してしまう色は、クッションカバーなどインテリア雑貨でポイント使いから始めるのがおすすめ。ぜひ参考にしてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る