2018/09/28更新1like3508viewUkoS

脱いだ部屋着はどこに置く?生活感の出ない収納術

部屋着の収納、どうしていますか?朝の忙しい時間にクローゼットにきちんとしまうのはちょっと面倒……帰宅後すぐにまた着るからと、「椅子の背もたれに掛けっぱなし」「ベッドにグチャっと置きっぱなし」などをやりがちですよね。今回は、パっと出し入れできて部屋も乱さない、そんな理想の部屋着収納法をご紹介します!

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

バスケットやトートバッグにポン!

ハンガーフックをおしゃれに

壁面にすぐ掛けられるハンガーフック。便利な反面、掛け方によっては部屋全体が雑然とした印象になってしまうことも。

そこで大切なポイントが、2つあります。
1)部屋のテイストに馴染むハンガーフックを選ぶこと。
2)引っ掛けるものを選ぶこと。
もし、部屋着がテイストに合わないなら、コットンバッグなどに入れて引っ掛けるのもいいですね。

こちらの事例では、ナチュラルテイストの部屋に合わせて、オイルステインの塗装板にアイアンフックというヴィンテージな雰囲気のハンガーフックをセレクト。
白壁に馴染んで、おしゃれなカフェのような雰囲気を醸し出しています。

ラダーラックで省スペースとおしゃれを叶える

ベッドサイドにラダーラックを設置した事例。
壁に立てかけるだけでおしゃれな雰囲気を演出できるうえ、奥行きを取らないので省スペースも叶えられるという、便利アイテムです。

ハンガーやS字フックを使って衣類や帽子などを引っ掛けたり、シワの気にならない部屋着であれば、そのまま無造作に掛けても様になります。
アクセントとして、色使いの綺麗なストールや垂れ下がるタイプのエアプランツなどをさりげなく掛けてもいいですね。

簡単な収納ユニットをつくる

テーブルやかごを利用して部屋の一角に収納ユニットを自作する……これも、取り入れやすい収納アイデアです。

こちらは、コンソール下にかごを置き、壁面にフックを取り付けた収納スペース。
それだけだと味気なくなりそうですが、コンソールに合わせてスタンドライトや壁面に等間隔で飾られたシンプルな絵画などの小物を配置し、収納スペース兼飾り棚として使用することで、素敵な空間になっています。

部屋着はフックに掛けたりかごに入れることで、忙しい時でも出し入れしやすいですね。実用とおしゃれを上手に両立させた収納スペースです。

ハンガーラックを選んで見せる収納

簡単に衣類を掛けられて、部屋のどこにでも設置できるハンガーラック。これも使い勝手のいい収納アイテムです。
ただし、おしゃれに見える収納を叶えるには、ハンガーフックと同様、ハンガーラック本体と掛ける衣類を部屋の雰囲気に合わせて選ぶことが大切です。

こちらの部屋は、ウッディな家具にモルタルキッチン、インダストリアルライトを配置したシンプルでスタイリッシュな雰囲気。ハンガーラックはこれに合わせて、アイアンポールに木製天板の付いたものを選んでいます。

写真ではコートを掛けていますが、シンプルなシャツやスウェットなどを掛けても、アパレルショップのような見せる収納になりますね。

機能的なベンチを選んでおしゃれに収納

収納の機能をもたせたベンチは「ベンチボックス」「ベンチチェスト」「収納ベンチ」などと呼ばれ、おしゃれな見た目と機能性を併せ持った椅子として人気です。

テイストや形状はさまざまなので、使い方や設置場所に合わせて選びましょう。
たとえば部屋着を収納する場合、ダイニングやリビングなど家でよく過ごす場所に置いておけば、いつでもパッと収納できて便利。また、座面を上げて開閉するタイプではなく、引き出し式を選べば、誰かが座っていても開閉しやすく、衣類をきちんと整頓しながら収納できます。

こちらでは、リビングに大容量の造作ベンチチェストを設置。
引き出し式なので、奥行きのあるベンチでも中身が見やすく、取り出すのも楽ですね。家族ごとに引き出しを分けたり、季節ごとに配置の変更などをすれば、省スペースで便利な収納として使用できそうです。

階段下の空間を有効活用

デッドスペースになりがちな階段下は、収納スペースとして有効活用できます。

通常、階段は玄関脇やリビングの近くに設置されることが多く、毎日の生活動線上にあるため、階段下を部屋着の定位置とすれば、忙しい時間帯でも無駄のない動線がつくれます。

ただ、階段下のスペースは天井に勾配があり奥行きが深いので、使い勝手が悪くなるケースも。棚板を設置したり、キャスター付きのハンガーラックを置くなどの工夫をすることで、階段下でも快適な収納が可能になります。

また、ウォークインクローゼットのように中に入る必要がなければ、電気の取付工事が不要なので、比較的簡単にリフォームできるかもしれませんね。
ちょっとした工夫でできる収納法から、リノベーションで可能になる収納法まで、さまざまなアイデアをご紹介しました。忙しい毎日だからこそ収納をおざなりにせず、整理整頓された部屋でスッキリと過ごしましょう。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

収納・クローゼット・ロフトの住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る