2016年08月18日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

狭くても諦めない!快適収納を叶えるクローゼット活用法

部屋を広々と使いたいと思ったら、まず収納を見直すのが近道です。収納が整うと、見た目がすっきりとするだけでなく、「モノ」の居場所がきちんと決まり、探す手間や無駄遣いも減るという嬉しいメリットもあります。早速、快適収納を叶えるクローゼットの活用法を見ていきましょう。


ハンギングタイプの収納グッズに注目!

クローゼットに必ず設置されているものと言えば、ハンギングするためのバー。でもここにハンガーで洋服を掛けるだけではもったいない!最近では、バッグやたたんだ洋服、靴までもすっきり収納できるハンガータイプの収納アイテムが多数あります。

hgtv.com

出典:hgtv.com

扉裏が収納に!ウォールポケットの靴収納術

ウォールポケットにかさばりやすい靴を集めた収納アイデア。靴を壁掛けする方法は斬新ですね。クローゼットの扉裏を上手に使ったデッドスペース活用法です。

thinkplayaudio.com

出典:thinkplayaudio.com

上下を有効に使って収納力2倍に

クローゼットにバーや収納棚がない場合は、自分で使いやすくアレンジしてみましょう。押し入れなども同様、空洞になった空間は自分らしい収納に作り変えることができる絶好のスペースです。こちらの事例のように、両端に背の高い棚を設置し、その間にバーを上下2本渡すことで収納力も2倍になります。

ikea.com

出典:ikea.com

クローゼットの高さと奥行きを活かすことがポイント

こちらも2本のバーを活用したクローゼットの収納アイデア。上下にバーがあることでデッドスペースを作らず、くまなく空間を収納に活用できます。狭いクローゼットだからこそ、高さや奥行きを最大限活用することが重要。オープン棚にはカゴを設置して奥までしっかり収納として活用しましょう。

靴箱が小さくても大丈夫。大量の靴もこれですっきり!

靴の収納に困っている方は多いのではないでしょうか?靴箱がきちんと確保できる場合は良いのですが、玄関が狭く靴が収まりきれない場合もありますよね。そんな時には納戸やクローゼットの扉裏などを活用したアイデアがおすすめです。ポケット式になっているので、出し入れしやすい構造になっています。

kinggeorgehomes.com

出典:kinggeorgehomes.com

クローゼットの下部には収納家具を

クローゼットの下部はデッドスペースになりがちな場所。バーに洋服を掛けた後、中途半端に空いてしまう空間に困ったことはありませんか?そんな時は、低めの収納家具を設置すると便利。例えば、シワが気になるシャツや羽織りものはハンギングに、枚数の多いTシャツや小物などはチェストの中にしまうなど、コーディネートに必要なものが全てクローゼットに集まっていると、朝の支度もスムーズに進みそうです。

urbanacreage.com

出典:urbanacreage.com

置き型クローゼットの上手な使い方

置き型のクローゼットは広さが限られているため、上手に使いこなしたいですね。上部にはカゴを設置して小物や衣類の収納に、中段はバーにハンギング、引き出しタイプのメッシュケースでファッションアイテムを小分けしてわかりやすく収納しています。下部に注目すると、小さな棚を設置してお気に入りのパンプスが収納されていますね。美しい上に機能的な技あり収納になっています。

paperblog.com

出典:paperblog.com

クローゼットの活用術いかがでしたか?便利な収納グッズを使えば、無駄なく上手に空間を活用できます。狭いから…と諦めず、紹介したテクニックを参考にぜひあなたらしいクローゼット収納を楽しんでみてください。

この記事を書いた人

naomiさん

フリーランスのライターとして活動している1児の母naomi(naomi.spring)です。
インテリア記事の他、ファッション・ライフスタイル記事を書いています。
我が家をリフォームしたことで、リフォームの可能性を知りました。
モノに埋もれるのではなく、モノを生かしたシンプルな住まい。そして、居心地の良い住まいづくりを目指しています。

naomi(naomi.spring)ホームページ:http://naomi-spring.com/



最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン1
  • 廊下1
  • 茅ヶ崎の家 寝室
  • 寝室
  • 洗面脱衣

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問