2015年01月21日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

収納だっておしゃれにしたい♡クローゼットインテリア大公開!!

収納スペースは、家づくりをする上で非常に重要な位置づけを担うものです。容量はもちろんのこと、どこに造りつけるかなどによって使い勝手が大きく変わってきます。また、扉をつけないオープン収納にするか、ウォークインクローゼットのような形態にするかなど、デザインも様々です。扉がついている場合は、クローゼットの中まで他人の目に触れることはなかなかありませんが、どうせなら使いやすくておしゃれな収納にしたいですよね。そこで今回は使い勝手はもちろんのこと、見た目にもこだわった収納を集めてみました。見えない部分にまでこだわって、おしゃれな家づくりを目指しましょう。

2 お気に入り追加 15435view

バッグはどうしても置き場所を取ってしまうものの一つですが、重ねて収納すると形が崩れてしまう心配があり、箱に入れると取り出すのが面倒という難点が。そんな時は一つずつ仕切りをつけて並べれば見栄えもよく、便利に使うことができます。

elledecor.com

出典:elledecor.com

こちらのクローゼットは壁紙や収納に使うボックスの色を、ほぼグレーで統一してあります。洋服やバッグなど、しまう物は多彩な色になることが多いので、基盤となる収納は一つの色味で統一するとすっきりして見えます。

superela.com

出典:superela.com

殺風景になりがちなウォークインクローゼットだって、シャンデリアを灯してラグジュアリーに演出することができます。照明を一つ変えるだけでお気に入りの空間になりそうですね。

収納

ラベンダーカラーでまとめたクローゼットは、外国映画のようでとってもガーリーです。扉を開けた時に、内側も可愛いというのは、女の子にとって大切なポイントです。

falandoemcores.blogspot.jp

出典:falandoemcores.blogspot.jp

子供部屋のクローゼットなら、かわいいカーテンをつけてお姫様部屋のように仕上げるのも素敵です。扉をつけずにカーテンにしておけば、模様変えをしたくなった時に、カーテンを取り替えてがらりと印象を変えることもできます。

defogitall.com

出典:defogitall.com

ヴィンテージアメリカンな雰囲気のインテリアが好きな方なら、こんな風に古材のシェルフなどを使って、見せる収納スペースを作るのもいいですね。棚ごとにしまう服を決めておけば、断然整理がしやすくなります。

reclaimingyourcastle.com

出典:reclaimingyourcastle.com

アーチ型の入口の奥が収納スペースになっているのですが、中の壁だけが鮮やかなブルーなので非常に印象的に仕上がっています。目隠しとして設置された姿見も便利で、見た目と利便性を兼ね備えたクローゼットです。

なじみの街で見つけたヴィンテージなメゾネットに住む


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • トイレ
  • 寝室
  • 中庭に面した明るい玄関
  • 子供部屋
  • 暖炉のあるリビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問