2015年06月07日更新

おしゃれな部屋事例(子供部屋)

いつまでも子供の成長に寄り添う落ち着いた雰囲気のキッズルーム

特別な仕掛けもなく、子どもに媚びず、でもしっくりくる。そんな空間を幼少期に与えることは、こどもに特別な意味を持たせます。窓のサイズ、位置、天井の高さ、床の素材、壁の模様、窓からの風景など。それらは成長する子どもにとっての原風景そのもの。部屋として、恒久的に存在し続けることが出来るクオリティのある空間は、子どもに空間の質をそっと教えてくれます。空間の大きさや素材に、丁寧にデザインされた空間を子どもに提供する住宅をご紹介致します。


温かい距離間

開放的な開口のある部屋。L字に回り込む窓により日中を通して明るい光を提供してくれます。また、中庭の先の部屋は祖母の部屋。親を介さず呼応する関係性が、部屋を通し、温かく見守る視線の温かさを感じながら育ちます。

スキマのある家

自然を身近に

2階全体は子ども部屋です。階段途中から見える木々の美しさは思わず見とれてしまいます。また、天井や床の木肌の美しさ、これらは子どもたちの目や手で直接確かめられる範囲にあり、部屋に置かれる調度品よりも尊い、物質的本質を身につけさせてくれるでしょう。

015軽井沢Tさんの家 (子ども室)

多彩な素材

中庭の美しさと広々とした空間を構成する素材の組合せが美しい住宅です。床、廊下、壁、天井、全てにおいて個性豊かな素材を使い、子どもの成長とともにその素材の経年変化を楽しむことができます。

海東の家

ホワイトキャンバス

白を基調とした空間です。
左右対称に中庭や吹き抜け、そして大きな窓から日が差し込む明るい子ども部屋です。中庭からの緑もアクセントとなります。そして、オープン棚に収納されるであろうカラフルな日用品でにぎわうこの空間は、子どもの成長とともに変化し、様々な表情を見せることでしょう。
子どもが大きくなった折には、シックな雰囲気をも提供する普遍的な基盤となるはずです。

深沢の家 (子供室2)


この記事を書いた人

m_saさん

ユーザーだけでなく、街と呼応する建築に惹かれます。

最近お気に入りされた事例写真

  • ダイニングルーム
  • リビングダイニング5
  • 玄関ホール
  • 照明が優しく導くアプローチ
  • 黒で統一されたリビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問