2019/02/21更新0like2474viewhypericum

子供の笑顔が弾ける子供部屋づくり

子供をもつ親にとって子供たちの笑顔はなによりも嬉しく、なにによりの宝物。そんな子供たちの笑顔を今まで以上に弾けさせてくれる遊び心満載の子供部屋を、SUVACOに掲載されている事例の中からご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

3姉妹が仲良く過ごせる子供部屋

まだ小さな3姉妹の成長を日々楽しみにしている夫婦が準備したのは、3人それぞれが自分らしい感性を育むことのできる子供部屋。まだ3姉妹が小さいうちは、一緒に仲良く過ごせるようにと、ひと部屋に机が3つ並べられています。

子供たちの成長に合わせて、将来的には部屋を3つに分けられるようにあらかじめ扉は3つ造り付けられていて、さらに梁で空間が分けられるように設計されています。

天井が高い子供部屋

ドアや窓、クローゼットやコンセントなど、それぞれを2つずつ事前に備え付けておくことで、将来的に個室が必要になった際に間仕切りをして分けることができる造りの子供部屋。

天井が高いので、トランポリンなど遊ぶのに高さが必要な遊具を置くこともできます。のびのびと遊べる空間は、子供にとっても嬉しい空間ですね。

つながりを感じられる子供部屋

リビングダイニングに隣接している子供部屋。子供部屋とリビングダイニングをつなぐ大きな内窓からは、それぞれの部屋からお互いの気配を感じることができるうえに、窓から顔を出せばすぐに子供の遊び相手をすることも可能です。

小屋型の個室タイプの子供部屋

3階建てのスキップフロアの1階に設けられた、3人の子供がそれぞれ独立した住まいを持っているかのようなイメージで造られた3つの小屋型の子供部屋。

小屋型の個室部分と共有部分がある空間は、まるでシェアハウスのようです。
子供が小さいうちは、小屋型の個室部分を自分だけの秘密基地のような感覚で使用し、大きくなってからは集中できるための個室として使うことができますね。

隠れ家のある子供部屋

子供部屋の中に遊ぶスペースを確保するため、ベッドを吊りベッドに。吊りベッドは子供たちの隠れ家にもなります。吊りベッド部分はマットレスが敷けるほど広くはありませんが、寝袋で寝ることができたりと、その狭さがより隠れ家感を演出してくれます。

空間を上手に利用することで、子供たちの遊ぶスペースを増やすことができ、そのうえ、ワクワク感も増しますね。

子供のリクエストを叶えた子供部屋

子供からの「鉄棒」と「うんてい」が欲しいというリクエストが叶えられた子供部屋。「鉄棒」と「うんてい」は、将来的に布団干しや室内物干しとして使えるように設計されています。

クライミングロープのある子供部屋

廊下側からははしごを使ってロフトに行くこともできますが、もう1つのアクセス方法として取り付けられたクライミングロープが目をひく子供部屋。

室内に居ながらもしっかりと体を動かすことができます。ハイサイドライト(高窓)から景色を見るためにクライミングロープを登るのも楽しそうですね。

見た目にもカラフルなボルダリング

子供部屋にはボルダリングの壁が設置されています。ほかにもロフトやハンモックなど、子供のワクワク要素がたっぷりと詰まった子供部屋。

さまざまな色や形のカラフルなホールドは、部屋のアクセントにもなっています。ボルダリングの下にはマットを敷いて、安全面もしっかりと配慮されていますね。
子供たちが弾けるような笑顔で遊び回る様子が思い浮かぶ、素敵な子供部屋ばかりですね。子供部屋から聞こえてくる笑い声を聞きながら過ごす時間も、親にとってはこのうえなく幸せな時間です。ぜひ、これらを参考にして、固定観念を持たずに自由に子供部屋づくりをされてみてはいかがでしょうか。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

子供部屋の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る