2018/03/30更新0like48161viewyuriyuri*

マットな質感で大人気!黒板塗装の実例7選

壁面のアクセントとしてデザイン性と機能性を兼ね備えた黒板塗装は、近年で一般的となってきました。ご自身で塗装する方も少しずつ増えているようですね。
今回は、さらに進化した、黒板塗装のアクセントウォールをご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

黒板塗装ができる条件は?

黒板塗装は基本的に、ペンキや塗料を塗布できる場所であればどこでもOKです。塗る方法としては、ペンキのように刷毛やローラーを使用するのが一般的ですが、スプレータイプも小スペースなら手軽で簡単です。

黒板塗装にすることで、家族のコミュニケーションツールとして、また大きなキャンバスとして壁を有効活用できるので、キッチンや子供部屋に主に取り入れられています。

黒板塗装のデメリットとしてはチョークの粉ですが、粉が出にくく散りにくいチョークが市販されているのでデメリットではなくなりつつあります。

黒板塗装はインダストリアル系と相性◎!

「コンクリート打ちっぱなし」「配管をあえて見せる」「ステンレスのキッチン」「黒板塗装」など、人気のインダストリアルインテリアの要素をパーフェクトに備えたおしゃれな実例を紹介。

特に、インテリアをモノトーンでまとめた場合、無機質で冷たいイメージになりがちですが、黒板塗装はどこか懐かしいあたたかみを感じさせます。
キッチン背面の壁をブラックの黒板塗装にすることで、見せる収納となったキッチン雑貨や食器が引き立ち、部屋全体がおしゃれな画になります。レシピなどを貼れる機能性も◎。
そもそも黒板塗装を自宅に取り入れるきっかけは、カフェで見たから……という人が多いのでは? おしゃれなカフェの黒板塗装はその日のメニューを記入したり、チョークアートでインテリアにしたり、キッズスペースのお絵かきボードだったり、素敵な活用法が参考になりますよね。

黒板塗装は、アクセントウォールの選択肢のひとつ

モルタル塗りの壁の一部を黒板塗装でアクセントウォールに。クールでスタイリッシュなインテリアに、マットな黒板塗装がマッチしています。
作家ものの器がディスプレイされた、ヴィンテージテイストのインテリア。どこか懐かしさを感じる黒板塗装の引き戸が合っていますね。

グリーンの黒板が新鮮!

黒板塗装にはブラックを選ぶ人が多いですが、こちらのお宅ではまさに「学校の黒板」のような、懐かしいグリーン!ナ ラのフローリングを市松模様に敷き、床にも壁にも動きを出し、家族の笑い声が聞こえてきそうな、わくわくする楽しい空間になっています。
どんどん進化する黒板塗装の取り入れ方を、おしゃれな実例とともにご紹介しました。
黒板が持つマットな質感は、近年人気のインダストリアルやヴィンテージモダンテイストと相性抜群。ぜひ、みなさんのおしゃれな壁使いを参考にしてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る