2015年10月06日更新

インテリア(家具)

ちゃぶ台のあるほっこり部屋がいい!

最近では、食事は椅子に座ってダイニングテーブルでする。というご家庭がほとんどだと思います。けれども、ちびまる子ちゃんやサザエさんのアニメで家族団欒のシーンに必ず登場するのがちゃぶ台です!このちゃぶ台、収納しやすいこともあり、また最近ひそかに注目されています。

そもそも、ちゃぶ台とは何なのでしょうか?
ちゃぶ台は、四角形か円形、脚が四本の座卓で、脚の折畳みができるものが多いです。(そのため、収納が簡単というメリットがあります)丸い形から上座や下座という上下関係があまり感じられず、昭和初期の家族の団欒を象徴するシンボルとなっています。(だからサザエさんやちびまる子ちゃんによく出てくるのですね!)

”ちゃぶ台”を取り入れている国内・海外事例を見ていきましょう。


リノベーションで洋室を和室にされた事例

和室を洋室にされる事例はよく聞きますが、こちらは逆のパターン。来客が多い施主宅では、みんなが寛ぐことができる和室を希望されました。

いぐさの香りがあふれる家

すっきりとリビングにおかれたちゃぶ台

やや大きめのちゃぶ台は、リビングの床と色をそろえていることで統一感を出しました。ここで食事も子供たちの勉強もできるような空間になりました。

使用する素材や設備も、自分たちらしく。好きなモノで造ったちょうどいい空間にリノベーション

モダンなリビングの中に和のコーナーが

和洋折衷の居心地のよさそうなリビングです。実はこのお宅はアメリカのカリフォリニア州にある日本人の方のご自宅。奥様が以前東京に住んでらっしゃったときにちゃぶ台を使っておられ、その便利さを知っておられたこと、また日本を感じさせる空間にしたくて畳コーナーとちゃぶ台を導入されたそうです。

dwel.com

出典:dwel.com

ちゃぶ台も置く場所と色によってはモダンな雰囲気に

ちゃぶ台というと濃い色のイメージがありますが、こちらは淡い色。同じく白っぽい床と合わせると北欧風なモダンな空間になりますね。

kitkadesigntoronto.com

出典:kitkadesigntoronto.com

海外でも人気!

カフェでしょうか?足をゆったり伸ばしてリラックスするのはどこの国の人にとっても気持ちいいですよね!

onofficemagazine.com

出典:onofficemagazine.com

海外の方もちゃぶ台に興味深々

海外でもちゃぶ台は『Chabudai』とそのまま呼ばれているようです。椅子生活の海外でもリラックススペースであるリビングは、床に座ることもトレンドのひとつとなっています。

soniaevents.com

出典:soniaevents.com

ちゃぶ台にクッションを組み合わせるとこんなに素敵に。

日本人は固定観念でちゃぶ台には座椅子か座布団、と思いがちですが、このようにクッションを組み合わせてみると無国籍風になります。クッションの色を同系色にすると、より素敵な雰囲気に。普段使っているクッションにお揃いの生地を被せて結ぶだけでもいいですよね。

anindiansummer.in

出典:anindiansummer.in


この記事を書いた人

villekullaさん

関西在住。北欧、特にスウェーデンが大好きで我が家はスウェーデンインテリアを取り入れまくっています。手作りの物で家をディスプレイしたくて北欧の手工芸を色々と習っています。雑貨探しに街に出ることも大好き!梅田や神戸をよくうろついています。

最近お気に入りされた事例写真

  • リノベーション
  • ダイニング
  • リビング1
  • ワインセラーのある階段下収納
  • シューズインクローク

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問