2015年08月04日更新

リフォーム・リノベーション(その他) , 注文住宅(その他)

無垢材の天井が醸し出す憩いの空間

賃貸マンションではなかなか出会えないのが、無垢の木材を使用した天井。一般的なクロス仕上げや石膏ボードなどとは比べものにならない温かみや落ち着きがあり、新築やリノベーションの際にはぜひ取り入れたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。今回は無垢材の天井を採用した事例をご紹介します。


構造材をあえて露出させた「現し仕上げ」

規則正しく並ぶ梁が、光と影の動きと空間を広く見せるメリットを両得したダイニング。既製品のキッチンをナラの突板の腰壁で隠し、空間に統一感を与えています。

ホソナガハウス (ダイニング)

吹き抜けになったリビングの1階部分の天井を、床や建具と統一した落ち着きのあるオーク材で仕上げました。構造材を現したことで空間の開放感を高めています。

オーク材を贅沢に使い 落ち着いた空間に 三鷹市牟礼6丁目

梁と天井杉板パネルを現し仕上げとしたリビング。造園家が住む純和風の住居ながら、奥につながるキッチンは家族のライフスタイルに合わせたオープンキッチンを取り入れています。和洋折衷の空間にも現し天井がしっくり馴染んでいます。

A邸 (造園家の家)

すっきりした白の塗装仕上げの壁に、構造用合板や柱、梁を現すことで質感を加えたリビング。イニシャルコストの削減とともに、小屋裏空間利用による空間の確保にも一役買っています。

つづく家

床材と統一感のある天井材の空間

南庭に向かって大きく開いたリビング。季節が感じられる庭からは、白い壁によって拡散されたやわらかい光にくわえ、天窓からも光が差し込み、木材がもたらす落ち着いた空間に変化を与えています。

武蔵野の家

施主自らが杉林で選び、切り出された太い杉の柱が特徴的なリビング。それに合わせて、建具枠や床、天井にも杉板を使用し、毎日が森林浴のような素材感豊かな住まいになっています。

陽の家

スキップフロア構造で狭い敷地を快適に使いこなせるように工夫した住宅。床の段差には収納も備えています。階段にまで無垢材をふんだんに使った居心地のいい空間です。

高槻のスキップフロアハウス


この記事を書いた人

joker7さん

プロのコピーライターです。
仕事上の経験から培った価値ある情報を発信していきますので、
どうぞご期待ください。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン
  • プライベートサロン
  • リビングダイニング
  • 玄関引き戸
  • バスルーム

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問