2018/10/28更新1like1194viewHaruka Yamasaki

この家の主人はネコ。

クリクリの目に、ふにふにな口元。
甘えん坊なんだけど、ちょっと気まぐれ。
家に帰ると、玄関でいつも出迎えてくれる。
ネコが家にいるだけで、なんて幸せなんだろう。

でも、ふと思うことがある。
わたしはこんなに幸せだけど、ネコもわたしと同じくらい幸せなんだろうか。
ちゃんと、かわいいこの子を幸せにできているんだろうかって。

今回は、Haruka Yamasaki が担当します。
「猫」の目線になって、ネコにとっての快適な暮らしについて考えてみました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

「“ネコ的”な暮らし」になっていたある日のこと。

ボクの名前はゴロ太。
お昼寝だいすきゴロ太。
最近、ぼくの周りはいつもと違う感じがする。

まず、以前のぼくは大きなドアをひとりで、くぐりぬけることができなかった。
どうしても、目の前のドアを開けてもらいたくて、ドアの前で頑張るボクがこれまでのボク。

一緒に暮らすアイツが開けるのをドアの前で待ったり、鳴いたり、ガリガリしたり。
とにかくいつも、イライラしながらも奮闘していた。

でもあるとき、そんな日常が終わることになったんだ。
知らぬ間にできたトンネル。
見慣れないこの存在に、最初はちょっと警戒した。
でも、そろ〜りとトンネルをくぐると、大好きなベッドのある部屋にすんなり入れるようになっていた。

なんだかちょっと嬉しい。
この日から、ボクとドアとの戦いは終わることになったんだ。

ゴロゴロ以外にも楽しいこと発見!家の中の散歩道

日中は、いつもアイツがいない。
だから家の中、ひとりでお留守番しているボク。
最近は、ゴロゴロして食べて、ゴロゴロして食べてを繰り返すだけ。

なんだかちょっと、カラダが重い気がするのはなんでだろう。
動きにくくて、ちょっとヤダ。

それに最近、夜アイツが帰ってくると。
ボクを膝にのせて、「太ったな〜」とお腹のあたりをムニムニと触ってくる。
どうせなら、顎の下を撫でて欲しいもんだ。

でも、ある日のこと。
家におもしろいものができていた。
試しに登ってみたところ。
うん、なかなか快適。
家の中にいるのは好きだけど、ちょっと退屈な時もあって。
何もすることがないから毎日ゴロゴロしていた。

お昼寝もだいすきだけど、ボク専用の散歩道ができて嬉しいなぁ。
ただの散歩道じゃなくて、ちゃんとボクの好きなことをわかっているところが嬉しいんだ。

一緒に暮らしている「この子」だからこその暮らしを。

どんな家がゴロ太にとって過ごしやすく、快適な家なんだろう。
真剣に小さなこの子のことを考えられたのは、とっても大切な存在だったから。

ちょっとだけ部屋のつくりを変えただけで、ゴロ太は前よりも満足そうな顔をするようになった。
これは、飼い主のわたしだけがわかる、ちょっとした変化かもしれない。

たくさんネコはいるけれど、ゴロ太と同じネコなんて一匹もいない。
ネコによって、性格も違うし、好きなことも違うのは当然のこと。

一緒に暮らすネコの幸せがわたしの幸せ。
だって、ネコは自分の子どもであり、この家の本当の主人でもあるから。

人間のためだけじゃなく、今いるこの子だからこその“ネコ的”な暮らしを考えてみたとき。
ネコも人もきっと幸せになれるはず。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

その他の部屋/場所種別の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る