2014年12月13日更新

インテリア(ファブリック)

良いこと盛りだくさんのカーペットで快適生活♪

カーペットの床は温もりがあって、足音を軽減してくれます。そのうえ、安全性が高く子どもやお年寄り、ペットのいる家庭にも適しています。床を守る役割も果たしてくれるので、良いとこだらけなんですよ。そこで、参考になるカーペットの床を使ったお部屋をご紹介致します。


小さなお子さんにとって、階段は楽しい遊び場になることがあります。駆け上がってみたり、数段上から踊り場まで飛び降りてみたりと、遊び方は無限です。その反面危険も伴いますが、うっかりつまづいてしまってもカーペットがあることで角が丸みを帯びるので安全性が高まります。また、大人でもつい足音が大きくなってしまう階段ですが、カーペットを敷けば、音が軽減されてお家の中も静かで、ご近所にも迷惑をかける心配がありません。

livingrichonless.com

出典:livingrichonless.com

間仕切りを取り、リビングと廊下の床を同じカーペットで覆うと、一体感がより一層強くなります。あっちの壁からこっちの壁まで、どこを歩いても足の裏に心地良いですね。ペットの足にも優しく、滑り止めになります。

houzz.com

出典:houzz.com

階段を全て覆うのではなく、カーペットからチラ見せすると素材や色の違いがアクセントになってお洒落です。お家の安全性を高めるために、お洒落を犠牲にしなくていいなんて嬉しいですね。

shelterness.com

出典:shelterness.com

小石を敷き詰めたようなカーペットです。見た目も肌触りも面白くオリジナリティに富んでいますね。壁も石なので床まで石にしてしまうとゴツくなってしまいそうですが、素材がフェルトなので柔らかみが生まれるので問題なしです。

pinterest.com

出典:pinterest.com

椅子を置くと床が傷付きやすくなりますが、床がカーペットならその心配はありません。立ったり座ったりする際の音も静かなので、夜遅くまでお仕事をする日でも、椅子の音で家族を起こしてしまうことはありません。

pinterest.com

出典:pinterest.com

堅め素材のカーペットだと毛玉の心配もなく、家具の移動も楽にできます。真っ白な壁を上手に生かせるカーペットを探すのも楽しそうですね。

yatzer.com

出典:yatzer.com

リゾートホテルを連想させる一面カーペットのベッドルーム。
朝起きて初めて足が床に触れるとき、ひんやりしないのは嬉しいですね。カーテンやインテリアがシンプルなお部屋には思い切った派手なカーペットが合います。

blanchedeco.com

出典:blanchedeco.com


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 玄関
  • 玄関アプローチ(撮影:中村絵)
  • クローゼット
  • 広々としたエントランス
  • 男性側クローゼット

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問