2018/03/02更新0like2121viewYUICHI ISHINO

大英帝国の面影がここに。ロンドン観光で外せない3つの建物

この記事を書いた人

YUICHI ISHINOさん

ロンドンに暮らす編集者/Webプロデューサー。各媒体を通して現地の旬の情報を発信しています。

産業革命(18世紀後半から19世紀)を経て、ロンドンの街並みも変化を見せる。大英帝国はヴィクトリア朝時代にその最盛期を迎えるが、同時にその輝きを反映するかのように数々のランドマークが誕生した。そうした建物は今もこの街を形作る要素として、観光客を楽しませている。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ロンドンは都市ではなく国家だ

大英帝国の絶頂期といわれるヴィクトリア朝時代(1837-1901)。その期間にロンドンの人口は概算で160万人から650万人へと急激に増えたというから驚きだ。その街並みも、当然のことながら大きく変わっていったことだろう。小説家であり、イギリスの首相も務めたベンジャミン・ディズレーリ(1804-1881)は次のような言葉を残している。「London; a nation, not a city」。ロンドンは都市ではなく、国家であるーー。事実、1851年には世界最初の万博がロンドンのハイドパークで行われ、大成功のうちに閉幕している。ディズレーリの言葉もあながち大げさではないほど、ロンドンの威光は、すでにあまねく世界の知るところとなっていた。

そんなヴィクトリア朝時代に作られた建物は、今もこの街に多く残されている。観光地としてもおなじみのタワーブリッジやキュー・ガーデン、さらにはテート・ギャラリーやロイヤル・オペラハウスもそうだ。そのほか主要ターミナルのパディントン駅にキングス・クロス駅なんかも挙げられる。ああ、こうして見ていくと、本当にキリがないな。
ロンドンのターミナルの中でも主要な駅のひとつキングス・クロス

ロンドンのターミナルの中でも主要な駅のひとつキングス・クロス

ロンドンの風景を作ったヴィクトリアン様式の建物

産業革命はこのおよそ100年前に始まっていて、おそらくそのおかげか一気に都市整備も進んだことと思われる。テムズ川をクロスする大きなトンネルが4本も掘られたり、鉄道橋に至っては8つも作られたり。そういったわけで、今回はロンドンのランドスケープを変えたヴィクトリア朝時代の建築物を少し紹介したいと思う。

まずは、なんといってもロンドンのアイコン、タワーブリッジ。両塔の幅は61メートル、高さは41メートルもあるという。120年前にこうした大きさの、ましてデザインにも丁寧な細工が施された橋を作ることができるなんて、その技術にはただただ感心させられるばかりだ。それにしてもこれほど雄壮な橋を僕は他に見たことがない。
これをロンドン・ブリッジと間違える人が多いが、タワー・ブリッジです

これをロンドン・ブリッジと間違える人が多いが、タワー・ブリッジです

無料で楽しめるロンドンの美術館

次に、ロイヤル・アルバートホール。収容人数が7000から8000人と中規模ながら、今も数々の有名ミュージシャンが舞台に立つロンドンきってのコンサートホールだ。毎年夏には、一ヶ月にわたり欧州最大級のクラシックの祭典「The Proms(プロムス)」が開かれることでも知られる。このイベントは本当にオススメで、ロンドンを訪れたならクラシック好きでなくてもぜひ足を運んで欲しい。当日券は並ばなければならないけれど、驚くほど格安で世界最高峰の演奏を聴くことができるから。
中も外もその豪華さに圧倒される、屈指のコンサートホール

中も外もその豪華さに圧倒される、屈指のコンサートホール

最後に、僕自身も休日によく訪れるナショナル・ギャラリー。トラファルガースクエアの奥に鎮座ましまし、左右対称の佇まいがとにかく目を引く(建設された当初からは随分と拡張されてはいるが)。ここは大英博物館と並んで、観光には絶対に外せないスポット。あらゆる名画、彫刻、そのほか貴重な芸術作品がコレクションされているので一日中いても飽きることはないだろう。ゴッホの『ひまわり』の前なんかはいつ行っても黒山の人だかりで、我先にとセルフィーを撮っている光景は苦笑いだ。余談だが、ロンドンの美術館や博物館は、企画展を除いて入館無料のところがほとんど。ナショナル・ギャラリーもその例外ではない。
この中に教科書でみたことのあるようなコレクションの数々が

この中に教科書でみたことのあるようなコレクションの数々が

とにかく、ロンドンのいたるところで見ることができるヴィクトリアン様式の建物。ありし日の大英帝国の面影を感じながら巡ってみるのも一興だ。
お気に入りに追加

この記事を書いた人

YUICHI ISHINOさん

ロンドンに暮らす編集者/Webプロデューサー。各媒体を通して現地の旬の情報を発信しています。

SUVACOは、自分らしい家づくり・リノベーションをしたいユーザーとそれを叶えるプロ(専門家)とが出会うプラットフォームです。

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

会員登録を行うと、家づくりに役立つメールマガジンが届いたり、アイデア集めや依頼先の検討にお気に入り・フォロー機能が使えるようになります。

同じテーマの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る