2017/09/14更新1like1451viewkiki

真鍮を取り入れた暮らし〜ミニマルな空間のアクセントに〜

インテリア・ライフスタイルともに、必要最小限のモノ・色だけを揃えて生活するミニマルな暮らし。スタイリッシュで憧れますが、実際にミニマルに挑戦してみようとしても何かアクセントがほしくなるもの。ミニマルの美しさを壊すことなく、取り入れられるアクセントの一つが「真鍮」です。ミニマルな空間に真鍮を取り込んだ事例をご紹介します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

真鍮とは 古来から使用されてきたトラディショナルな素材

手で触れる場所に真鍮を アンティーク感を引き出す

真鍮は酸化すると黒ずんでいく特徴があるため、多く手を触れるドアノブに取り入れると、事例のように黒ずんできて少しずつアンティーク感が出てきます。ドアノブのデザインもシンプルで素朴なものにしておけば、真鍮の素材感とよりマッチします。
同様に手が多く触れるスイッチにも真鍮を取り入れれば、こちらも経年変化による風合いを楽しむことができます。ドアノブと合わせて取り入れれば、家全体に統一感を出すことも。このような素朴なデザインのツールもまたシンプル・ミニマルな空間にマッチしますね。

真鍮の照明 天井のアクセント

モノトーンの壁や天井に真鍮の照明を取り付けると、ポツンとライトだけが浮かび上がっているような、なんとも小粋なアクセントになります。メインの照明よりも間接照明やベッドサイドランプなどの小さな照明におススメです。

縁に真鍮を クラシックで華やかな印象に

こちらは階段の縁(手すり部分)に真鍮を取り入れた事例。光沢のある真鍮だと、華やか且つクラシックな印象がプラスされます。

真鍮プレートに名前を刻む

真鍮プレートを表札代わりに使ったり、お店の名前を刻んだりすればシックでスタイリッシュな印象に。経年変化していく真鍮が、そこに刻まれた名前が歩んできた年月を物語ります。

インテリア小物にも

真鍮はデコレーションで使ってもその存在感を発揮します。後から真鍮の要素をプラスしたいと思った時は、真鍮製のインテリア小物を探してみましょう。

例えば真鍮でできたモビール。シンプルな形ですが、ミニマルな空間に飾ることによって良いアクセントになります。
こちらは真鍮のフラワーベース。そこに飾る花は素朴でシックな色のものがいいですね。
真鍮を取り入れた暮らし、いかがでしたか?仕上げや経年によって、さまざまな表情をみせてくれる真鍮。現在は真鍮を使った製品も多く流通しているので、上手に取り入れてミニマルな中にエッジの効いた空間を作り上げてみてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る