2015年02月18日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

容器を変えるだけで見違える!おしゃれキッチンになる簡単テク

生活感を見せないモデルルームのようなキッチンも素敵だけど、使い勝手を考えると必要な時に物が取り出しやすい「見せる収納でおしゃれなキッチン」を目指したいものです。そこで活躍するのが、雑多な調味料やストック品をお揃いの容器に詰め替えるワザ。ただ詰め替えるだけでなく、さらにおしゃれに見せるテクニックをご紹介します。


【優等生のガラスキャニスター】

キッチン棚の高さに合わせた数種類のガラスキャニスターに食材などを入れ、リビングから見える場所に収納。食器類は隠す収納にすることで、ごちゃついた印象を排除したおしゃれキッチンになっています。

> この住宅のすべての情報を見る

ピンクとブルーのパステルの世界に、かわいらしい形のガラスキャニスターを並べて。中にはいろいろな色の食材を入れているのに、キャニスターのお陰でパステルの世界観をじゃましないから不思議です。

出典:iconosquare.com

【カゴや木箱で統一感をアップ】

北欧風のスライスウッドのカゴやラタンのカゴ、曲げ木の蓋つきボックスなどの容器を並べて。それぞれ形は違っても、色合いと天然素材の質感によって雰囲気が統一されています。

リノベーション会社:株式会社デン・プラスエッグ「北欧インテリアと暮らす家」(リノベりす掲載)

シンク下の棚には扉や引き出しを設けずに、アンティーク調の木箱の中にキッチン用品を収納。部屋の雰囲気になじみつつ、中の物が取り出しやすいアイディアです。

> この住宅のすべての情報を見る

こちらはガラスキャニスターとラタンカゴの合わせワザ。白で統一されたインテリアにぴったりな上品さを醸し出しています。

出典:ciao! newport beach

【あえて詰め替えない上級者テク】

陶器やガラスのキャニスター、カゴなどの容器を使いつつも、デザイン性の高い紅茶の缶などはそのまま見せる収納に。部屋の雰囲気に合っているかどうかの判断がキーポイント。

> この住宅のすべての情報を見る

調味料は詰め替え、雑多なものはカゴに入れつつも、お酒やコーヒー缶などは目立つ場所にディスプレイ。ビンテージ感のある部屋にしっくりなじんでいます。

> この住宅のすべての情報を見る

統一感を出してすっきり清潔な印象を与えるなら、お揃いの容器に詰め替える。
ラフで抜け感のある印象を与えるなら、あえて隠さない物を増やす。というお手本キッチンの鉄則が見えてきました。
自分なりのアイディアを加えて、おしゃれキッチンを目指しましょう!


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。