2015年10月20日更新

インテリア(植物/グリーン)

部屋に潤いと癒しをくれる観葉植物の取り入れ方

「観葉植物」とは直射日光が当たらなくても室内で育てられる品種のことをさし、庭木など他の植物と区別されます。
屋内にいながら自然の雰囲気を味わうためのインテリアのアイテムとして育てられる植物です。
観葉植物を効果的に取り入れて、お部屋に癒し空間を作りましょう。


壁面装飾とのコラボ

プレートの壁面装飾とグリーンが美しくマッチしていますね。他にタペストリーや絵画など、観葉植物は様々なインテリアアイテムと融合します。和風やアジアンテイスト、レトロ風、好みのインテリアに挑戦してみて下さい。

pinterest.com

出典:pinterest.com

アートギャラリー風の配置

絵画やイラストの作品展会場のようなコーナー。チェアーやソファを配置換えして自宅をギャラリー風にしてみるのも面白いです。観賞植物も自然の為せるアートの一つとして飾りましょう。

pinterest.com

出典:pinterest.com

グリーンに囲まれた自分の居場所をつくる。

窓際に置いた椅子の周りに高低のある植物を配置すると、そこはもう自分だけの空間。
壁やドアがあるわけでもないのに、キチンと他のスペースと区切られるから不思議です。
好きな音楽を聴いたり読書したりと至福の時間が過ごせそうです。

pinterest.com

出典:pinterest.com

元気のいいポトスはどんどん伸ばす

ポトスは育てやすく水栽培でも勢い良く伸びていきます。どんどん伸ばして高い棚からカーテンのように垂らすと、こんなに豪華な潤いのある空間が演出できます。
窓際など光が当たる場所に置くとグリーンが鮮やかに美しく見えますよ。

designsponge.com

出典:designsponge.com

グリーンで癒されるバスタイム

高温多湿を好む観葉植物はバスルームなどにも適しています。窓辺に置いたりハンギングなどで、たくさんのグリーンを取り入れて、癒しのバスタイムをゆったりと過ごしたいですね。
蒸れないように時々窓を開けて風を通してあげましょう。

素朴な部屋にはどんな植物でも似合う

裸足で過ごしたいナチュラルインテリアに観葉植物はとても似合いますね。素朴な木のテーブルや椅子と植物が溶け合って、さらに自然の雰囲気を醸してしています。
ホワイトの大きな鉢は圧迫感がなく爽やかです。

リノベーション会社: 株式会社リビタ「安心して暮らせる家に手を入れながら住まう」(リノベりす掲載)

部屋の中心の大きな木

大ぶりの植物は部屋の端に置くのが一般的ですが、あえて部屋の中心に持ってくることで面白い空間が生まれます。マンネリ化した部屋を劇的に変えられるかもしれません。


この記事を書いた人

bettyさん

段ボールで憧れの部屋を作っていた「のっぽさん世代」
記事を書くことでインテリアがますます好きになりました。

最近お気に入りされた事例写真

  • 廊下1
  • 徳丸Y邸09
  • 茅ヶ崎の家 寝室
  • 寝室
  • ドレスルーム

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問