2016年02月14日更新

リフォーム・リノベーション(その他) , 注文住宅(その他)

四季の移り変わりを芸術として家に取り込む風景の魅力

日々、忙しさに気を取られて見落としがちな自然の豊かさ。四季の移り変わりは様々な表情を見せてくれるので感性を豊かにしてくれます。そんな四季の彩りを家に取り込み、自然の豊かさが奏でる芸術に改めて意識を傾けてみませんか。


室内と室外を曖昧にして体感する景色

自然の豊かさが溢れる山の麓に家を構えるなら、四季の移ろいを感じるまま家に取り込める大きな窓を。目で楽しむだけではなく感性が豊かになる空間が生まれます。

曲居 kyokkyo

景色が質感をやわらかく

コンクリート打ちっぱなしの壁はその質感から冷たい印象ももちますが、コンクリート壁が額縁となり、外の景色をアート作品のように空間に取り入れています。

斜面に埋め込まれた家

視線がどこまでも抜けていく開放感

大開口からの絶景は、テラスに出なくても充分室内からも味わえます。目線がどこまでも抜けていく見晴らしの良さはどんな時間帯でも楽しめるのではないでしょうか。

見晴らしのよい家

景色を家のアクセントとして

シンプルであたたかみが感じられるリビングに、外の景色を取り込めるピクチャーウィンドウは空間のアクセントとなります。

東員の住宅

身近に感じられる四季の移り変わり

庭の草木をゆったりと楽しめるリビングです。四季折々みせてくれる庭の草木が、まるで大きな絵風景がのような美しい絵を映し出してくれます。たまにはゆったりと庭を鑑賞する時間もいいかもしれませんね。

『銭函 光庭の家』質感の深みが感じられるシンプルな住まい

リラックス効果を期待

プライバシーを守る事が出来る渓谷側に設置された窓のあるバスルームです。疲れた体を癒すためのバスルームですが、四季の彩りを楽しみながらの入浴は更なるリラックス効果が期待できます。

大きな栗の木の下の家

お客様へのおもてなしとして

玄関を入り、真っ先に飛び込んでくるのが玄関ホールに設けられた地窓。地窓からは坪庭の季節を切り取った光景が楽しめます。お客様をお招きした際、最高のおもてなしになるのではないでしょうか。

『塩河の家』〜里山の風景と暮らす家〜


この記事を書いた人

pilo-3567さん

素敵なインテリアに囲まれて過ごす家は、リラックス効果が倍増する気がします。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観5
  • 段差を楽しむ家_LDK2
  • 借景
  • シューズインクローク
  • 洗面・浴室

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問