2015年10月28日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

本好き必見!こんなに大きい本棚があった!~大容量壁面収納~

気が付くと、ついつい本を買ってしまっているあなた。家の本棚にそろそろ納まりきらなくなっているのではないですか?大切な本ばかりなので、捨てたくない気持ちはよくわかります。ならば、それらの本が全部しまえるくらい大きな本棚を用意したらどうでしょう?夢のように大きい本棚を作ったケースをご紹介します。


家じゅう本だらけで幸せな空間に

壁を二面作り付けの本棚にしました。天井まであるのでかなりの本を仕舞えます。また、作り付けなので地震の際にも本棚自体が倒れてくると言う心配はありません。ゆっくり寝ころびながら本を読めるように床は畳敷き。こんなところで本を読みながらゆったりした休日を過ごしませんか?

T邸・休日はおうちカフェで・・・

壁一面、天井まで本棚にしたこちらのケース。下の方は棚の大きさに合わせて箱を入れ、物入れとして使っています。構造上の躯体を使っているので、どれだけ本を詰め込んでも頑丈なのは嬉しいですね。

47/100 石神井台の木箱

廊下に、「人が通る」という役割の他に「本棚」という役割を付けました。廊下に座ってお気に入りの本を読むもよし、プリント類をしまっておく場所にしても良し。生活動線の一部なので、わざわざ取りに行かなくても何かのついでに取ってくることができます。

海の崖っぷちのSOHO

明るい窓の前のスペースに本棚を設けました。廊下としても使えますが、ここで外の明かりを使って読書を楽しむことができます。収納する本に合わせた棚板の高さでスッキリと納まっています。

暮らしが活きる 大人の古民家風リノベ―ション

図書館を思わせるようなスッキリとした本棚です。右側は本棚が低くなっているので、隣の部屋との交流もできます。上に本を広げて調べ物をするのにも良いですね。左側は上と下で奥行きが異なっています。奥行のある図鑑などをしまいたい場合は、それに合わせた奥行きが必要ですね。

哲学者の家

家に書架を作ってしまった!というくらいの大容量本棚です。一部屋まるごとなので、相当な本をしまうことができます。一日ここにこもっていたくなりますね。本は重いのでたくさんの本をしまう予定のところはピアノを置く床のように床の強度を上げておいた方が良いでしょう。

Tei 海がみえる家

これぞ本好きの夢、2階建ての書架です。1階はスライド式の本棚になっているので、狭いスペースでもたくさんの本をしまっておけます。2階は固定式の本棚です。

松庵の家改修


この記事を書いた人

lin_womanさん

家づくりの好きな兼業主婦です。

最近お気に入りされた事例写真

  • リビング
  • リビングダイニング
  • モノトーンの大人リビング
  • リビング
  • ガラスブロック沿いの動線

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問