2014年11月28日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

本をインテリア雑貨のように飾って収納

背表紙が見えるように本を並べると、タイトルが分かりやすく、沢山収納できるメリットがあります。
表紙が見えるように並べると、収納力は下がりますが、ぱっと目を惹くので本屋さんでも、あえてその方法で本を並べていることがあります。お気に入りの本を表紙が見えるように並べたり、ざっくり並べてもインテリアのように見える収納をご紹介します。


便利な可動式本棚です。
動かすことで、個室になったりワンルームになったりします。

可動本棚の家 (01緩やかなワンルーム状態)

自分の好みに合わせて本を置くと、ギャラリーのようなスペースになります。

可動本棚の家

雑誌などをランダムに置くだけでも雑貨屋さんのようなオシャレなスペースになっています。

凹凸の集い

煉瓦のタイルが、ハードな格好良さのリビングダイニングです。
壁に設けられた収納スペースは、漫画や雑誌など何を置いても絵になりそうです。

大阪市中央区 リノベーション

扉と間仕切りの役目も持っている、ラベンダー色の本棚です。
「海外映画に出てくるヒロイン」のイメージにもピッタリな、爽やかな可愛さの本棚になっています。

主人公のアパート

書斎の横に設けられた、絵本のコーナー。
子供にとっても表紙を見せるタイプの置き方は、ぱっと目を惹いてわかりやすいですね。

カフェ・ライブラリーの家

間仕切りの役目も果たしている本棚です。置物や本をざっくり置いても気になりません。
壁とは違って圧迫感なく、緩やかに部屋が区切られています。

spiral らせんのいえ


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 階段下収納
  • モノトーンの大人リビング
  • ガラス張り窓より光が降り注ぐLDK
  • 螺旋階段上部-トップライト
  • ガラスブロック沿いの動線

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問