2015年01月29日更新

インテリア(ファブリック)

おしゃれなブラインドテクニック~カーテンからブラインドへ

カーテンに慣れた人にとってはちょっと疎遠なブラインド。
実は昔に比べ「素材」や「形」も豊富ですし、カーテンとセットにしても素敵なんです。
ウッドブラインド、バーチィカルブラインド、ベネシャンブラインド、プリーツスクリーン、経木、ロールスクリーンなどなど…。窓の大きさピッタリのブラインドやシェードは、窓際をすっきりと見せてくれます。
お洒落で便利なブラインドなら思い切って変えてみたくなりますね。今回はそんな「ブラインド」の魅力をお伝えします!

3 お気に入り追加 73382view

リネンシェードでモダンカフェインテリア

ファブリック(布)素材のブラインド。
質感も色合いも透け感も、布によって色々変わるのでお部屋に合わせて選べます。
麻系の薄めの布なら、モダンなカフェ風のダイニングに大変身。

出典:pinterest.com

すだれ風ロールスクリーンにホワイトカーテン アジアンインテリア

すだれ風のロールスクリーンとカーテンのセット。
色合いもさることながら、インテリアとしても大活躍です。
季節に合わせて、その日の気分に合わせて、上げたり下ろしたり楽しめそうですね。

レースと遮光タイプのダブルスクリーン

窓にあわせたロールスクリーン。
レースと遮光で使い勝手も◎。シンプルでモダンな部屋にもマッチしています。

ウッドブラインドでクラシカルインテリア

とってもシックなウッドブラインド。
ダークブラウンがお部屋のインテリアともマッチして、アンティークリゾートな雰囲気に。
ウッドブラインドも木の色でかなり雰囲気が変わります。

ローマンシェードとウッドブラインドを合わせる

リビングダイニングの大きな掃き出し窓には、部屋の中がシンプルになりすぎないように、北欧風の大柄な生地でローマンシェードとレースのカーテンを合わせました。同じ空間ですが、ソファ後ろの腰高窓にはナチュラル感のあるウッドブラインドです。

> この住宅のすべての情報を見る

ウッドブラインドや木素材で希望あふれる優しい空間

奥さまが臨月の時にスタートしたリノベーション。
希望あふれる夫婦が、楽しくにぎやかになる事を想像しながら完成した住まいです。
自然素材を意識して、窓廻りもフローリングに合わせたウッドブラインドにしました。

> この住宅のすべての情報を見る

ドレープとレース生地がボーダー状のロールスクリーン

ドレープとレースをボーダー状に配した生地が、1台に2枚ついたロールスクリーンです。生地が上下にスライドすることで、生地を降ろしたままで簡単に光の量が調節できます。

> この住宅のすべての情報を見る

ロールスクリーンで洗濯機を隠す

慣れ親しんだ実家のフルリノベーションです。
新築同然になったインテリアはフローリングも明るい色にしました。洗濯機置き場を廊下沿いにしましたが、目隠しのため壁と建具と同じホワイトスクリーンを取り付けました。

> この住宅のすべての情報を見る

木製バーチカルブラインドで採光をコントロール

木製の縦型ブラインド(バーチィカルブラインド)。
採光がコントロールされた美しいリビングダイニングです。
重厚感もあり、木と陽の光のコラボレーションがたまりません。

> この住宅のすべての情報を見る

ベネシャンブラインドでお部屋をランクアップ

アイボリーのベネシャンブラインド。
薄板が自由に傾斜して通風と日よけを兼ねる、巻き上げ式のブラインドです。「ベネシャン」とは、イタリアのベネチアで使われ始めた事からのネーミング。お部屋の雰囲気を邪魔せず、上品な存在感があります。インテリアに溶け込んで統一感のある居間になっています。

> この住宅のすべての情報を見る

ホワイトブラインドで柔らかな光を取り込んで

圧迫感がないホワイトの特殊ブラインド。
完全に閉じると存在感ゼロになるので、窓際がとってもすっきりでキレイです。
綺麗なシャンデリアや壁インテリアが引き立ちます。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。