2014年09月21日更新

インテリア(その他)

リノベーションその前に!フローリングのデザインに注目したい

部屋の中で大きな面積を占めるフローリングは、部屋の印象を大きく左右する要素のひとつ。木材の種類、敷き方、木材の太さ等で印象が変わります。あなたの家に合ったフローリングに変えることで、お部屋の雰囲気を一気に高めてはいかがでしょうか。すてきなフローリングの実例をみていきましょう。


白に統一したインテリアに合わせてフローリングに白いツヤありのペイントを施しています。
白く洗練された室内に仕上がっています。

modernjanedesign.blogspot.jp

出典:modernjanedesign.blogspot.jp

ヘリンボーン貼りのフローリング。
ヘリンボーンとは、にしん(ヘリング)の骨(ボーン)に似ていることから、このように呼ばれており、アパレル業界から生まれた言葉です。矢羽貼りとも言われています。

pinterest.com

出典:pinterest.com

つや消しのオーク材を利用。グレーの壁面、モノトーンの家具に合いモダンな印象です。壁の蹴上にも床材を使用しています。

busybeingfabulous.com

出典:busybeingfabulous.com

テーブルの色に近い、やや濃い目の木材を使用。

bravidesign.com

出典:bravidesign.com

つやありのパイン材を床材に。
木材の節が、部屋の味わいを増しています。

oldewoodltd.com

出典:oldewoodltd.com

色の幅のあるアンティーク木材を敷き詰めています。
梁や建具、さらに壁面の石材等と木材の色が近いため、室内によく馴染みます。

pinterest.com

出典:pinterest.com


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • リビング
  • スタジオのようなリビング
  • ダイニング
  • ワインセラーのある階段下収納
  • 建具

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問