2015年10月27日更新

おしゃれな部屋事例(ベッドルーム)

心地良すぎる☆彡 - 人を幸せにするベッドルームインテリア -

心地良すぎて人を窮極にリラックスさせる「人をダメにする〇〇」はよく耳にします。でも、本当に欲しいのは心地良すぎて人を幸せにしてくれるもの。特にベッドルームは一日の始めと最後を過ごす空間です。朝は活力をくれ、夜は気分を穏やかにしてくれる空間が理想です。そんな理想を叶えるベッドルームをご紹介いたします。


マット系な赤が素敵なベッドルーム

赤い壁がアクセントのベッドルーム。明るい色は私達の気持ちまで明るくしてくれます。マットな色使いなのでいやらしさがありません。

赤いベッドルーム

落ち着きのあるベッドルーム

大きなベッドがすっぽり入る広いベッドルーム。さりげない壁の模様が高級ホテルのようでリッチ気分を味わえます。カーテンやシーツは渋めの色でまとめられていて落ち着いています。

光と風、視線がとおり抜ける (ベッドルーム)

好きな本に囲まれるベッドルーム

ベッドのすぐ脇に壁一面の本棚が広がるベッドルーム。寝る前の読書タイムを充実させてくれます。いい夢が見られそうですね。

大量のCDと本の収納をメインに考える、アンティーク空間 (大容量の本棚と寝室_1)

レトロなベッドルーム

レンガが敷き詰められた壁や、少し古びたテイストの天井がレトロな雰囲気を醸し出すベッドルーム。寝室のドアをわざと開けっ放しにしておきたくなるくらいお洒落です。

アーバンスタイル (洗練されたベッドルーム)

フェミニンなベッドルーム

淡い水色の壁紙にレトロなインテリアで極普通のベッドルームかと思いきや、女性の下着を彷彿させるペンダントライトでセクシーに仕上がっています。お部屋の構造を利用してフェミニンなミュールや下着を壁にかけると更にセクシー。いい女度がグングン上がっていく気がします。

SATC(Sex And The City)

照明と自然光で明るいベッドルーム

照明がたくさんある明るいベッドルーム。高さのあるベッドは旅行先のホテルのようで特別感がありますよね。朝になると枕元の窓から差し込む日差しで気持ちよく目覚めることができます。

A邸

安眠できる落ち着いたベッドルーム

最小限の照明を用いた心地よい暗さのベッドルーム。寝る前に精神を落ち着かせて質の良い眠りに導いてくれます。

里山を望む家 (寝室)


この記事を書いた人

lippon55さん

わんことにゃんこが大好き。家庭菜園も好き。食べる事大好き。そんな万年ダイエッター。

最近お気に入りされた事例写真

  • トイレ1
  • 洗面所
  • キッチンとダイニング
  • 明るいヴィンテージ風LDK
  • プールのある中庭

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問