2014年08月26日更新

おしゃれな部屋事例(ベッドルーム) , インテリア(ファブリック)

海外実例に学ぶ!ベッドファブリックのカラーコーディネート

ベッドルームはシーツやベッドカバー、ピローケースやクッションなどファブリックの組み合わせを楽しめる場所です。
海外実例をもとに、ベッドルームのカラーコーディネートを学んでみましょう。

2 お気に入り追加 10668view

壁も床もホワイトでまとめたコーディネートです。ファブリックをホワイトでをまとめる場合には、素材感が出やすいので上質なアイテムを選ぶ必要があります。

出典:pinterest.com

白をベースカラーとして、ライトグリーンやライトブルーの柄の入ったクッション類を配置しています。テーブルスタンドの脚もライトブルーで統一されてまとまりがあり、ホワイトの分量が多いことで、雑多な印象になりません。

出典:indulgy.com

壁面の絵画からブルーグリーンの色をとり、クッションとランナー、テーブルスタンドをコーディネートしています。ベッドルーム全体が絵画のような美しさです。

出典:example.pl

オフホワイトからベージュにかけてのカラーの濃淡でまとめられた、ラグジュアリーなコーディネートです。

出典:pinterest.com

モノトーンでまとめられた事例。
ホワイトとブラックの対比によって、メリハリのある印象となっています。

出典:pinterest.com

同じモノトーンのコーディネートも、ホワイトの割合が多いと爽やかな印象となります。

出典:apartmenttherapy.com

オフホワイトにパープルを合わせた上級者コーディネート。
オフホワイトのベッドカバーとパープル、グレーのクッションの素材を合わせたことで、まとまりが感じられます。起毛素材のクッションやラグが空間に動きをつけています。

出典:thezhush.blogspot.jp


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか