2016年08月05日更新

インテリア(その他)

大きな空を日常に取り込む!フレームとしての窓枠デザイン

眺望の良い立地なら、その景色を室内に取り入れないなんてもったいない!思わずため息が出るその景色、どんな窓から見ていますか?
一口に窓と言ってもスタイルは様々です。窓のデザインは、風や雨仕舞との問題は常につきもの。その先の眺望が素敵であればあるほど、すっきりとした窓枠を目指すため、設計者はそのディテールに神経を費やすものです。素敵な眺望に負けない窓枠デザインをいくつかご紹介いたします。


スタイリッシュに

この景色に惹かれてこの地を選んだクライアント。スタイリッシュでクールな印象の窓枠は細部にまでこだわり抜いた逸品です。
開口部全体は全て造作で、FIXガラスの枠は床や天井壁にそれぞれ埋め込まれ、白くて細い、美しい方立てにオープンドアを組込み余分な横桟や縦桟をなくしています。高台にあることからも耐風圧に気を配り、デザイン、構造ともに優美な窓枠です。

保土ヶ谷の家 (絶景のリビング)

シンプルにまとめる

遠くの山々が美しく、室内からパノラマな景色が広がります。
ささやかに開けられた開口が陰影を伴って美しいフレームとなっています。

津屋崎の家 (リビング)

テンポよく設える

既成サッシを使いながらも美しいテンポを持ってその眺望を支えます。
間口の広い空間にキッチンダイニングやリビング、畳の部屋を構成し、明るく清潔感のある、豊かな空間に仕上がっています。

自然の恵みを感じる家 (畳スペースのある勾配天井のLDK)

素材を揃える

大開口の窓の外には、雄大な自然が広がります。床や建具と同素材のサッシを設え、空間に統一感を与えています。

タテカグの家 (リビングの眺め)

縦長の大開口

吹き抜けに大きな縦長の窓。
大きな横桟を入れ、強度を出しています。眺望の良い別荘建築ならではの設えです。

HJ山荘 (リビング)

遮るもののない景色

サッシ収納型の大開口です。
戸袋を設け、必要のない時にはサッシを収納します。この眺望を堪能するため既存建物を改修し、補強梁として軽量鉄鋼を入れて実現したこの大開口。遮るもののないこの眺望は憧れです。

蓼科高原の家|大開口から八ヶ岳が一望できる週末住宅 (木の香る週末住宅|7mの大開口により 目の前に広がる蓼科の森)


この記事を書いた人

m_saさん

ユーザーだけでなく、街と呼応する建築に惹かれます。

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観
  • 久保ケ丘の家 洗面所
  • ウォークインクローゼット
  • 白いタイル貼りのナチュラルな洗面スペース
  • シンボルツリーが目を引くウッドデッキテラス

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問