2016/06/11更新0like4851viewhinata

梅雨到来!~インナーテラスでおうちアウトドア

雨の多い梅雨は、外でアウトドアを楽しんでいても突然の雨に降られて中断…なんてこともしばしばありますよね。他にも、「外に干している洗濯物が濡れてしまう」「子供が外で遊べず退屈そう」など、雨の季節は悩みがいっぱいです。そんな悩みは、インナーテラスがあれば解決してしまいます。今回は、開放的で機能的、かつインテリアとしても素敵なインナーテラスのある住まいをご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

内と外を繋ぐ

リビングに続くエントランス兼インナーテラス。天井の高さを利用して木が植えられており、室内に入ったはずなのに!と不思議な感覚になります。
大きな窓が気持ちの良いリビングは、インナーテラスのおかげで庭と一続きのような開放的な雰囲気です。雨の日も窓を開け放ち、外の空気を取り込むことができます。優しく揺れる柔らかなカーテンが風を感じさせてくれます。
リビング南の吹き抜けをタイル張りのインナーテラスとしています。ハイサイドライトから光が差し込み、明るく気持ちがよさそうです。テーブルと椅子を置いてガーデンパーティー気分でお茶を楽しんだり、小さな子供さんがいる場合は、雨の日でもここで楽しむことが出来ます。何より室内なので大人の目が届き安全です。

多目的スペースに

ガーデニングにバーベキュー、水遊びや日曜大工など何でも出来てしまうインナーテラス。天候を気にせずに家族や友人と思う存分楽しむことが出来ます。台風の時には、庭の鉢植え植物の一時避難場所としても活躍しますね。

洗濯干しやガーデニングに

マンション最上階のため風が強く、洗濯干しやガーデニングを室内で出来るように設けられたインナーテラス。全面ガラス張りで、まるで室内窓のようなおしゃれな雰囲気を演出しています。床はタイル張りなのでガーデニングの土で汚れても掃除が簡単です。

内と外の緩衝空間として

強すぎる西日が悩みだった家。リビングへの日差しを調節するクッションの役割を果たしてくれるのがこのインナーテラス。道路に面した店舗兼住宅のビルなので屋外空間を作る事が出来ませんでしたが、リビングとの間に折れ戸を設ける事で空間を切り分け、まるで屋外テラスのような明るい空間を実現しました。
リビング上にある子供部屋にもインナーテラスを設けています。空間にちょっとした変化があるだけで子供にとっては秘密基地のようなわくわくする遊び場になるに違いありません。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

その他の部屋/場所種別の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る