2015年05月18日更新

おしゃれな部屋事例(バス/トイレ)

バスルームのエントランス洗面脱衣、癒しのパウダールームに変える収納力

パウダールーム、それは一日の始まりの場所であり、一日の締めくくりの場所でもあります。お出かけ前にシャワーする人も帰宅後にゆっくりバスに浸かる人も。パウダールームは一日の節目の場所です。


顔を洗ったり、髪を整えたり、お口のケアをしてスッキリとした気持ちで、オフィスに向かい、就寝前にはさっぱりとして今日一日の疲れを洗い流す場所。のハズなのですが、現実はフェイスタオル、ハンドタオル、バスタオル、シャンプーやリンス、ボディーシャンプーのストック、ランドリー用の洗剤や柔軟剤、シェーバーやアフターシェーブローションなどモノで溢れていませんか?生活感あふれた場所を癒しのスペースに変える秘訣をご紹介致します。

frischdeko.com/

出典:frischdeko.com/

『収納スペースを作る』――収納できるスペースをとにかく確保する。

新築プラン中、リフォーム検討中に、パウダールームに何を置く必要があるかを、現在のパウダールームで確認して書き出しましょう。書き出した内容を、本当にここに置く必要があるかどうかを検討します。その内容から必要とする収納のスペースを確保します。収納スペースのボリュームや配置は、リフォーム会社の担当者さんや建築家さんに相談するのが良いと思います。

Light&Wind (洗面所)

『分類して収納する』

ただモノを収納してしまうと、手前は見えても奥に入れてしまって見えなくなり探せない、入れた場所を忘れてしまう、結果見つからないので新しい物を購入して更に物が溢れかえるという負のスパイラルに巻き込まれてしまいます。

洗濯乾燥機周辺は、洗濯物、洗剤、柔軟剤。手前が使用中のもの、奥がストック。
洗面化粧台のボウル下は、フェイスソープや歯磨き粉のストック、ミラー内部は使用中のソープや歯ブラシ、シェイバー、ドライヤー、ヘアブラシ、両サイドのアイレベルは、ハンドタオルやフェイスタオル。バスの入り口付近の収納は、シャンプー、リンス、ボディーソープのストック、アイレベルはバスタオル。など、それぞれ各ご家庭オリジナルの収納ルールを決めます。ルールが決まったら、早速収納してみましょう。

浜寺公園の家

カウンターはすっきりして、ミラーやカウンター上の水しぶきもサッと拭けばピカピカで、いつまでも美しく使用する事ができます。フロアにも何も置く事なく、お掃除も簡単。まるで、ホテルのパウダールームの様です。

最後は応用編『見せる収納』

これはかなりの上級編です。なにしろ、マメに整理整頓しなければ、たちまち埃にまみれてしまいます。
ですが、最大のメリットがあります。『見えるからこそ整頓する』
これはとても大事な事で、見えるのですぐに見つかるし、すぐに置くべき場所が分かる。
収納や装飾の得意な方は是非ともチャレンジしてみてください。

ペットのために「白」のリノベーション

毎日使うところだからこそ、清潔で美しく、そしてホッとする空間にしたいですよね。
その最後の仕上げは、あなたのセンスと努力です。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観引込戸
  • 螺旋階段
  • 中庭
  • 洗面室
  • コンパクトな外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問