2014年11月22日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

東洋のエッセンスで趣のあるダイニングにリノベーション

南国のリゾート地に行くと心が開放的になり、リラックスした気持ちになるのは、そこにある家具や照明の素材や色使いが大きく影響しているように思います。オレンジ系の照明や濃い木目調の家具には温もりがあり、心を落ち着かせてくれます。国内でも昭和を感じさせる宿で過ごすと時間がゆったりと流れていくような感じがします。そんなリラックス効果抜群のアジアンテイストを取り入れたダイニングをご紹介いたします。


明るく開放的であることはアジアンテイストを作り出すキーポイントです。
差し込んだ日差しが木の階段や家具を柔らかく照らします。

棲林居 外観
棲林居 外観
棲林居 玄関
棲林居 洗面
棲林居 リビングダイニング

色使いは黒・こげ茶・白が基本。色の数は少なくとも天井や窓枠のライン使いでアジアンな雰囲気を演出します。

T邸 東京 昭和初期の佇まいに暮す
T邸 東京 昭和初期の佇まいに暮す
T邸 東京 昭和初期の佇まいに暮す
T邸 東京 昭和初期の佇まいに暮す
T邸 東京 昭和初期の佇まいに暮す

光が柔らかくお部屋全体に広がるのもアジアンテイストの特徴です。障子を通じて光を取り込むと、とても簡単に柔らかい光を作り出すことができます。

書斎
縁側
LD
LD
LD

キャンドルを連想させるような赤味のある照明を使うと、南国のゆったりした空間が作り出せます。その温かみのある照明と深みのある木のインテリアは相性抜群です。

バスルーム
バスルーム
バスルーム
LD
LD

マンションリノベーション・リフォーム事例

アジアンリノベーション(マンションリノベーション)

99.58㎡

ラグジュアリーなリゾートホテル風のリビングダイニング。カーテンの色や植物の配置が参考になります。

出典:home-designing.com

存在感のある一枚板のダイニングテーブルでも、グレージュの色を選ぶと他の家具と馴染み、アジアンテイストの特徴である「ゆったり感」が生まれます。

光の重心を落とした落ち着いた空間
回遊動線が作り出す可変性の高い空間
障子を透過した柔らかい光に包まれる床座の空間
床座に合わせて低く抑えた開口
リビング脇のスタディースペース

この空間だけ温かい空気が漂っているような落ち着いた雰囲気のダイニング。天井に向かって段々と明るくなっていくように照明をセッティングするのがコツです。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • 居室
  • リビング
  • 09キッチン
  • 南東面
  • 和モダンリノベーション/想蔵 リビング

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?