2015年04月13日更新

インテリア(家具)

アートな椅子がお部屋の主役!ポップな椅子を取り入れよう

“座る事”が本来の目的である椅子ですが、ただ座るためだけの存在にするには勿体ない椅子があります。
機能性はもちろんですが、見た目がポップな椅子は部屋のアクセントとして活躍してくれます。ポップな椅子はその形や色から部屋にキュートさや、華やかさ、明るさという印象をもたらせてくれます。一つあるだけで、全く違う印象の空間をつくりあげてくれるほどの影響力を持っているポップな椅子を、
是非おうちに取り入れてみませんか?ポップな椅子を主役にしている7つのお部屋をご紹介いたします。


コンクリート打ちっぱなしやステンレスのキッチン台など無骨さの残る空間に、ダイニングチェアで色味をプラスしています。

No.73 30代/3人暮らし

白とナチュラルな木材でまとめられた大人シンプルな空間に、存在感のある赤い椅子。
シンプルな空間だからこそ、その椅子の上質さまでもが際立ち、部屋のアクセントとなっています。

自由発想と要望を詰め込んだ空間(リノベーション)

白い板張りの天井や梁が印象的なダイニングキッチンです。そこに黄色のポップな椅子がアクセントとなり楽しい空間をつくっています。

カフェ風ダイニング (ダイニング)

天井から吊り下げられたスケルトンの椅子は、空間に遊び心をもたらせています。存在感のある椅子ですがスケルトンなので圧迫感はなく、外の景色もちゃんとリビングに取り込むことができます。

初見邸

赤い椅子と白い椅子が絶妙な色のバランスが取られています。全ての椅子が赤色だと印象が強すぎてしまいますが、白色を1脚置く事でうまく調和がとれています。

渋谷区 Y邸 ミッドセンチュリーな空間

コンクリーのト天井やタイル壁を施したクールな印象の空間に、ポップな色合いのダイニングチェアをもってくると、クールさが調和されラフな印象のお部屋になります。

サブウェイタイルに造作洗面。自分好みのデザインと住み心地を追求した家にリノベーション

写真中央に並べられた3脚の椅子。スケルトンなので、昼間の自然光を透す感じや、夜間の室内灯で出来る陰影など様々な表情を見せてくれる面白みがあります。

青木ビル


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングルーム
  • 小さな森のアトリエ_LDK2
  • バスルーム
  • リノベーション
  • コンロ、レンジフード

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問