2016/01/15更新2like14665view20061123snsm

書斎でも子ども部屋でも!すぐに使えるデスク周りのインテリア術

デスク周りのインテリアを見直して、仕事に勉強に集中できる環境を整えてみませんか?
さらにお気に入りのアイテムをそっと忍ばせ、デスクを自分だけのこだわり空間に仕上げましょう。そうすることで、デスクに向かうモチベーションがあがるはず!効率の上がりそうな、その場にずっといたくなるようなデスク周りのインテリア術をご紹介します!

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

圧迫感のない棚でインテリアも楽しむ!

デスク周りの収納力をアップさせたいけれど、圧迫感が増すのは嫌だ・・・という方は、こちらのような細い棚がおすすめです。奥行きがなく大きなものは置けませんが、お気に入りの物を見せるように置くことができるので、飾り棚としても利用できます。そのほかにも本棚としてもいいですね。

両サイドに壁がある場合はこちらがおすすめ!

掘りこんだ形でデスクがあるならば、両サイドの壁を利用して棚を設置すると収納力がアップしますね。デスク同様、棚も奥に引っ込んでいるので圧迫感も軽減されます。
リホープスタイル「Stateless」

大きさの異なる箱をミックスしてオシャレ度アップ

こちらは様々な大きさの箱を棚のかわりに設置した事例です。大きさが異なる箱を設置することでサイズ別に収納することができ、整理しやすく見た目もすっきりとしますね。大きさや形をランダムにすることでオシャレ度もアップしています。
リホープスタイル「Flower」

”自習室スタイル”でインテリアを楽しむ場所として活用する

アルファベットモチーフや雑貨を飾って、インテリア性の高いデスクスペースになっています。本棚などの収納を他に設けて、作業・勉強をするときに必要なものを持ってくるという”自習室スタイル”にすると、他のスペースのようにインテリアを楽しむ場所として活用できます。家族でデスクを共有する場合にもこの方法がおすすめです。

デスクの上にはお気に入りの小物を

デスクの上の小物も部屋の雰囲気に合わせて揃えています。あれもこれもと欲張らずに、デスクの上で使うものを厳選するとお気に入りの小物も映えますね。

色違いの椅子で各々の特等席をつくる

何脚か椅子を並べる場合、色違いにしてもおもしろいですね。それぞれの特等席として特別感も増し、愛着が湧くことでしょう。

必要なものを必要なときに取り出せるインテリア術

日頃使わない資料やアイテムは、箱にまとめて収納するとすっきりします。しかし、デスクから離れたところに置くのではなく、必要になった時にすぐ取り出せるように手が届く範囲に置きましょう。少しの工夫ですが、今現在必要なものと区別することができるので紛失を防いだり、作業効率をあげることにつながります。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

書斎の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る