2015年10月18日更新

リフォーム・リノベーション(専門家紹介) , 注文住宅(専門家紹介)

建築家:筒井晃典の思い「住まう」は生活の根幹

石川県を拠点に活躍されている一級建築士の資格を持つ筒井晃典氏のプロジェクトをご紹介したいと思います。サービス提供エリアは、新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県になります。該当する地域の方は是非参考にして下さい。


コンセプト

筒井晃典氏の家づくりに対しての思い「住まう」は生活の根源です。依頼者(施主)の思いを形にして具現化することが一番大切なことであると考え家づくりをしています。

建築家:筒井晃典

プロジェクト紹介1:眺望を最大限に楽しむ家

非常に見晴らしの良い敷地24坪の場所に立つ家です。施主は美大の教授ということもあり、デザインにとても精通されていて、筒井氏にとっては、厳しくも楽しい設計だったようです。

眺望を最大限に楽しむ家 (光を感じる空間)

リビングには大きなガラス窓を設置したことで、とても開放的な眺望になっています。薪ストーブを設置するというこだわりようも素敵です。

眺望を最大限に楽しむ家 (解放感溢れるリビング)

浴室からの眺望も開放感があり最高です。この眺めを見ながら湯船に浸かれば、一日の疲れも吹き飛びますね。露天もあってなんとも贅沢な空間です。

眺望を最大限に楽しむ家

プロジェクト紹介2:ピアノ教室と3世代で住む家

将来的にはピアノ教室を開講して、お母さまとの同居を視野に入れての家づくりでした。音と動線が絡み合いそうな依頼でしたが、中庭をつくることでパブリックスペースとプライベートスペースのゾーニングができ、静と動の分離が具現化できた住宅になりました。

ピアノ教室と3世代で住む家 (シンプルなリビング)

三世代分の食事の支度もスムーズなキッチンの広さと、顔を合わせてゆっくり食事ができるスペースのダイニングが確保されています。

ピアノ教室と3世代で住む家 (ダイニングと和室)

建物の外見的なボリュームをコンパクトな印象にするために、ギンクロ色の金属板でまとめています。施主の希望する雰囲気を2つの異素材を使うことで表現することができました。

ピアノ教室と3世代で住む家


この記事を書いた人

hypericumさん

子供やペットがいても実現できる、シンプルでナチュラルな空間を求めて日々研究中。趣味は部屋の模様替えとアロマテラピー。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観9
  • リビングダイニング 3
  • ぬくもりのある畳リビング
  • 明るくて清潔感のあるトイレ
  • シンプルでおしゃれな洗面台

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問