2016年04月11日更新

注文住宅(専門家紹介)

住まうことの喜びを。建築家「武井貴志」の紹介

家を作るとき、建築家やハウスメーカーに自分の理想となる家の「カタチ」や「間取り」、「アイデア」などをよく聞いてもらいたいですよね。今回は、建て主との時間をじっくりとかけて、個々の理想や価値観など、その意向を踏まえた住まいを考える建築家:武井貴志氏のプロジェクトをご紹介します。


建築家:武井貴志とは

栃木県宇都宮市に事務所を持つ建築家です。個々に異なる「住まうことの喜び」や「そこ(すまい)で過ごす時間の価値」を家づくりに反映するために、建て主との話し合いの時間を多く割くようにしています。唯一無二の特別な自分の空間、家族の空間をつくることに力を尽くしています。

建築家:武井貴志

永く楽に住める木造平屋建ての家

自然林に建つ住まい。自然光をいっぱいに取り込むことができ、快適に永く使いやすい平屋住宅になっています。

IZUMI HOUSE (外観)

落ち着いた玄関。入る前に心も体も落ち着けてから入りたくなる、そんな場所です。

IZUMI HOUSE (玄関スペース(外部)1)

杉材の扉は、全て大工さんが作っています。扉を開閉するだけで自分が自然の一部として生きていることが感じられます。

IZUMI HOUSE (杉材の扉)

光をふんだんに取り込み、明るい空間となっているリビングダイニング。床も壁も梁も、すべて木でできた部屋の「手触り」は、触れる手足から極上の幸せを「体」に、そして「心」にもたらしてくれることでしょう。

IZUMI HOUSE

スタイリッシュな外観の家

先ほどの平屋建ての家とは趣の違う現代的な外観の家です。まるで家が美術品のようにスポットライトで照らされています。

TU-HOUSE (ガレージ・外観)

部屋は落ち着きのあるシンプルなつくり。"Simple is best"という言葉がとても似合う空間になっています。2Fの大きな窓から光をたっぷりと取り込めるので、眠い朝でもこの部屋にやってくると自然と気持ち良く目覚められそうです。

TU-HOUSE (吹き抜けのあるLDK)

渡り廊下と階段もシンプル。夜は、落ち着いた空間で仕事の疲れも癒される、この上ない時を家族と過ごせそうです。

TU-HOUSE (吹き抜けに渡り廊下のあるLDK)

マンションのリノベーション

不動産会社とのコラボで行ったマンションのリノベーションです。マンションとは思えない広々とした癒しの空間となっています。クローゼットの3つの扉は統一感があり、和風の趣を感じられます。

T-ROOM リノベーション (自然素材に拘ったLDK)

無垢の杉材を使ったドア。一軒家でなくても住む人のこだわりがきちんと形になります。、マンションのリノベーションでここまでできるんです。

T-ROOM リノベーション (無垢の松材を利用したドア)

住み心地もよさそうですね。センスの良さが光る素敵な空間になっています。

T-ROOM リノベーション

いかがでしたか?あなたの理想やこだわりを武井氏とともにカタチにして、快適な暮らしを楽しんでみませんか?


この記事を書いた人

夏楓さん

最近、自宅の一部をリフォームした3児の母です☆自然素材を使って子供にも安心な家になりました。自宅の床の一部をタイルでDIYしたり、気に入った鏡を自分で購入して設置したり、とリフォーム業者さんと相談しながらも自分のカラーを出すようにしました。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 洗面
  • 洗面2
  • バススペース2
  • 寝室
  • 洗面脱衣室

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問